ハーバード大の論文、「粗製乱造で問題だらけ」=外交部

CRI online    2020年6月12日(金) 0時40分

拡大

米ABCの報道によりますと、ハーバード大学のある論文が、武漢市内の数カ所の病院近くの交通量やキーワードの検索数に基づいて分析した結果、新型コロナウイルスによる感染症は昨年8月末から武漢市で広がり始めた可能性があるとしています。これについて、外交部の華春瑩報道官は11日の定例記者...

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携