Record China

ヘッドライン:

日本メーカーが快適なマスクを続々発売、中国ネット「日本製にはいつも感動」「でも重要なのは…」

配信日時:2020年6月9日(火) 14時0分
拡大
新型コロナウイルス流行の影響が続く中、中国メディアの頭条新聞は8日、日本のメーカーが夏に向けて続々と涼しさや快適さを感じられるマスクを販売していることを伝えた。写真は東京。

新型コロナウイルス流行の影響が続く中、中国メディアの頭条新聞は8日、日本のメーカーが夏に向けて続々と涼しさや快適さを感じられるマスクを販売していることを伝えた。

記事がまず取り上げたのは、5月末2万枚が即完売したスポーツメーカー・ミズノのマスク。肌触りがよく伸縮性に優れた素材を採用し、顔にフィットすることで着用時のストレスも少ない。洗って繰り返し使え、飛沫の拡散を抑えられる。価格は1枚935円だ。

続いて、山形県山辺町のニットメーカー「ニット・ワイズ」が発売した保冷剤付きマスクを紹介。内側の両頬の部分にポケットがあり、冷やした保冷剤を入れることで暑い日でも快適にマスクを着けることができるという。価格は1枚1300円だ。

日本でさまざまなマスクが発売されていることに、中国のネットユーザーからは「これは良い!」「すごく欲しい。毎日会社まで歩くと(暑くて)犬みたいにはあはあ言っちゃう」「夏は暑くてマスクをするのが嫌になるからな。日本人らしいアイデアだ」「日本製ってこうなんだ。細かい配慮にいつも感動させられる」など好意的な声が上がる一方で、「抗ウイルス機能がそのままなら良いんだけど」「やっぱり一番重要なのはウイルスの侵入を防げること」という声も少なくなかった。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング