日中間に衝突が起きれば自衛隊が負ける…しかも徹底的に―日本人専門家

Record China    2013年12月26日(木) 8時32分

拡大

25日、前瞻網によると、日中の尖閣諸島をめぐる争いについて、「日本における中国軍事問題研究の第一人者」と呼ばれる平松茂雄氏は「日中間に衝突が起きれば自衛隊が負ける。しかも徹底的に」と述べた。写真は12年11月、中国空母「遼寧」艦載機の発着艦試験。

(1 / 2 枚)

2013年12月25日、前瞻網によると、日中の尖閣諸島(中国名:釣魚島)をめぐる争いについて、かつて日本の防衛省の防衛研究所研究室室長や杏林大学教授などを務め、「日本における中国軍事問題研究の第一人者」と呼ばれる平松茂雄氏は「日中間に衝突が起きれば自衛隊が負ける。しかも徹底的に」と述べた。

その他の写真

平松氏は「日本は依然として装備が不足している。中国の軍隊は大量の旧式飛行機で自衛隊の弾薬を消費させた後に、Su―27やSu―30などの新しい戦闘機を出動させる。潜水艇も同様で、大量の旧式の潜水艇で自衛隊の防衛網をかく乱してから、最新の潜水艇を投入する。客観的に見て脅威は明らかに存在する」と指摘した。(翻訳・編集/北田

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携