Record China

ヘッドライン:

マスクの着用で肌荒れ?5つの対策を紹介―中国メディア

配信日時:2020年5月23日(土) 9時20分
拡大
多くの人が仕事の需要から、マスクを着用している。しかし、1日着用していたマスクを外すと、唇の周りや顎に徐々に「にきび」が増えるという悩ましい問題が生じる可能性がある。

多くの人が仕事の需要から、マスクを着用している。しかし、1日着用していたマスクを外すと、唇の周りや顎に徐々に「にきび」が増えるという悩ましい問題が生じる可能性がある。マスク着用により、なぜ肌荒れが生じるのだろうか。北京青年報が伝えた。

分かりやすく言えば、これは局部の環境が湿ったことと、物理的な摩擦の結果だ。マスク着用中にマスク内の空気は口・鼻呼吸により温かく湿り、局部の細菌の成長に適した環境になる。

マスクを着用してもばっちりメイクを決めようとする女性には、ファンデーションも口紅も欠かせない。だがメイク後にマスクを外すと、マスク内側と顔の接触により白い面にファンデーションと口紅が付着してしまうことがある。このマスク内側に付着した残留化粧品が顔の肌と何度も接触すると毛穴を刺激する。これは毛包炎の原因となる。

マスク着用による肌荒れの問題を回避するためには、何をすべきだろうか。

(1)マスクを適時交換する。マスク内の清潔性を保つように、外科マスクは4時間に1回交換するほうが望ましい。特に話をすることが多く、マスクに湿り気を感じればすぐに交換すべきだ。マスク着用前に口紅を塗らず、ナプキンで唇に残った口紅を落としてから着用すべきだ。

(2)マスクを適時着用する。開けた屋外、あるいは風通しがよくセントラル空調をつけておらず濃厚接触の生じない室内であれば、マスクを着用する必要はない。着用の時間を短くし、局部の肌に適度に空気を当て、呼吸すべきだ。これは肌の清潔を保ち、毛包炎のリスクを減らす。

(3)正確にマスクを着用する。マスクの表と裏、上と下に注意する。内側に直接手で触れないようにする。飲食の時にはマスクを顎まで下げるのではなく外すようにする。一時的にマスクを外す場合は内側に折りたたみ、手でマスクの外側を持つことで清潔性を維持できる。

(4)速やかにメイクを落とす。メイクをする、または日焼け止めを塗ったりフェイスクリームを厚く塗る女性は注意が必要だ。ファンデーションやクリームなどの製品はマスクの内側に粘着しやすく、局部の毛穴を詰まらせ、炎症を起こす。マスクの着用時にはさわやか系のスキンケア用品を使い、そして速やかにメイクを完全に落とし顔を洗うべきだ。

(5)あっさりした飲食。辛くて刺激のある食べ物を減らし、果物を多めに食べてビタミンを摂取する。十分な水分の補給に注意し、同時に規則的な生活時間を守る。徹夜せず、多めに寝ることも肌の健康を保つ重要な要素だ。

マスクを一定時間着用すると局部の肌が赤く腫れ、赤い丘疹が出る人がいることに注意すべきだ。さらにかゆみ、痛み、焼けるような感覚が伴い、肌の変化が生じた部分とマスクの形が高度に一致すれば、マスクに対するアレルギーの可能性が考えられる。このような「マスク皮膚炎」は医学上、アレルギー性接触皮膚炎とされ、病院での処理が必要だ。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング