Record China

ヘッドライン:

日本の「マスクの正しい着け方」に反響=「初めて知った」「拡散!」―中国ネット

1月24日 21時10分
23日、武漢市を中心に新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、日本のテレビ番組で紹介された「マスクの正しい着け方」が中国版ツイッター・微博で反響を呼んだ。写真は武漢の病院。
2020年1月23日、中国湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、日本のテレビ番組で紹介された「マスクの正しい着け方」が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で反響を呼んだ。

あるネットユーザーが微博に投稿したのは、バラエティー番組「教えてもらう前と後」が紹介したマスクの正しい着用方法。説明するのは医師の友利新さんで、マスクを着ける時は半分に折って上下に広げること、あごと鼻の付け根をしっかりと覆って顔とマスクとの隙間をなくすこと、ウイルスが付着しているためフィルターの外側を触らないこと、1度外したマスクは捨てる意識を、などの指摘があった。

これに対し、中国のネットユーザーからは「着け方を教えてくれてありがとう」「マスクを正しく着けることで最大の予防効果が得られる」「こういうふうに着けることを初めて知った」「拡散!」などのコメントが寄せられた。

また、「1日1回ではなく、4~5時間に1回換えるのがお勧め」「マスクを着けるだけでなく、着用前の手洗いも」「マスクを正しく着けて自分の体を守ろう」「使い終わったマスクは熱湯か消毒液をかけて捨てるんでしょ?ごみを回収してくれる人が被害に遭ってはならない」という意見や、「マスクが買えない。どうやって1日1回交換すれば?」などの声も上がっている。(翻訳・編集/野谷
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

新型肺炎への中国の対応は遅い? 日本の専門家の解説にスタジオ驚き=中国ネット「感動する」

新型肺炎への中国の対応は遅い? 日本の専門家の解説にスタジオ驚き=中国ネット「感動する」

「マスクは切ってから捨てて」とネットで呼び掛け、拾って再販売するブラック業者に警戒―中国

「マスクは切ってから捨てて」とネットで呼び掛け、拾って再販売するブラック業者に警戒―中国

新型肺炎、症状ありながら日本旅行へ=中国ネット怒り「ばらまきと言われても…」

新型肺炎、症状ありながら日本旅行へ=中国ネット怒り「ばらまきと言われても…」

日本の店が「中国頑張れ」とマスク値下げ、中国ネット「泣きそう」「振り返って中国は…」

日本の店が「中国頑張れ」とマスク値下げ、中国ネット「泣きそう」「振り返って中国は…」

北京の病院から感染者逃走、武漢の衛生当局の副主任も感染し逃げ隠れ…ネットにデマ相次ぐ―中国

北京の病院から感染者逃走、武漢の衛生当局の副主任も感染し逃げ隠れ…ネットにデマ相次ぐ―中国

新着動画

女性が3階から落下!実は拉致されていた

女性が3階から落下!実は拉致されていた

配達中の荷物が落下、犬がくわえて追いかける

配達中の荷物が落下、犬がくわえて追いかける

下手すぎて見てられない!犬がナイスアシスト

下手すぎて見てられない!犬がナイスアシスト

駐車スペースの白線が黄色に塗り替えられる、理由を問いただすと…

駐車スペースの白線が黄色に塗り替えられる、理由を問いただすと…

洪水で水が迫っているのに優雅に歩く男性

洪水で水が迫っているのに優雅に歩く男性

最新記事はこちら
最上部に戻る