韓国の今年1~3月の民間消費が大幅減=韓国ネット、深刻な状況吐露

Record China    2020年4月24日(金) 15時40分

拡大

23日、韓国・ソウル新聞は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、同国の今年1~3月の民間消費が、1998年のアジア通貨危機以降、22年ぶりに大幅に落ち込んだと報じた。写真はソウルの繁華街。

2020年4月23日、韓国・ソウル新聞は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、同国の今年第1四半期(1~3月)の民間消費が、1998年のアジア通貨危機以降、22年ぶりに大幅に落ち込んだと報じた。

記事によると、第1四半期の民間消費は前期比6.4%減少し、アジア通貨危機の1998年の第1四半期(マイナス13.8%)以降、最も低かった。過去4年間(2016~19年)の民間消費の前期比増減率はマイナス0.3~1.3%程度で、変化幅は大きくなく、記事は「それだけ『新型コロナ発』の消費の影響が大きかったということだ」と指摘している。

消費が急減したことで飲食、宿泊などのサービス業も前期比2%減少。減少幅は、1998年のアジア通貨危機の第1四半期(マイナス6.2%)以降、最も大きかった。特に運輸業は、飛行機の利用客の減少や、移動を自粛する社会の雰囲気もあり、マイナス12.6%と大幅に減少した。業種別では、新型コロナの影響の直撃を受けた飲食店、ホテルなどが含まれる「卸小売り・宿泊飲食業」は、マイナス6.5%だった。

記事は「第2四半期(4~6月)に消費が持ち直しても、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)による輸出減少などで成長率の回復は難しいと見られる」と指摘。檀国(タングク)大学のカン・ミョンホ教授は「韓国経済は対外依存度が高い点を考えると、新型コロナの影響は第2~4四半期にさらに深刻になりかねない。今年の成長率は当然マイナスとなるだろう」と話しているという。

これに、韓国のネットユーザーからは、「食べ物以外には全くお金を使っていない」「自営業者が心配だ」「外食するのが好きだけれど、新型コロナに感染しそうで行くことができない」「海外もオールストップしているから輸出ができないし、物も入って来ない」などと、深刻な状況をうかがわせるコメントが多く寄せられている。

一方、「韓国は他国に比べて危機に強い。克服できるはず」「こんな状況だけれど、大型連休のリゾートホテルはどこも満室だよ」などと希望が持てそうなコメントも。

その他、「今も苦しいけれど、ここからが始まりだ」「今は現金を使う時でなく貯蓄する時だ」「既存の産業を継続してうまくいくだろうか。新たな産業を生み出す必要がある」「在宅勤務のための事務用機器など、これまでと異なる生活環境下で使うようになった物を提供する産業が成長するといい」などといった声も上がっている。(翻訳・編集/関)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携