Record China

ヘッドライン:

ドイツに2つ目の慰安婦像=韓国ネットからは「もうやめよう」の声も

配信日時:2020年3月10日(火) 18時10分
拡大
9日、韓国・東亜日報によると、「国際女性デー」だった8日、ドイツに2つ目の慰安婦少女像が設置された。写真はフランクフルト。

2020年3月9日、韓国・東亜日報によると、「国際女性デー」だった8日、ドイツに2つ目の慰安婦少女像が設置された。

記事によると、ドイツ・フランクフルトにあるラインマイン韓人教会は同日、「2020年の国際女性デーに非常に意味のある行事を用意した」として慰安婦像の除幕式を行った。ドイツに慰安婦像が設置されるのは約3年ぶりのこと。初の慰安婦像は17年にバイエルン州の小さな都市ヴィーゼントに設置された。記事は「当初は南部のフライブルクに設置される予定だったが、日本政府が市に強く抗議するなど執拗に妨害したため移動することになった」と説明している。

同日の除幕式には現地の韓国人や教会関係者が参加した。韓国に住む元慰安婦のキル・ウォンオクさんも参加する予定だったが、新型コロナウイルス感染への懸念から訪問中止となったという。

これに韓国のネットユーザーから「ドイツに感謝。これからしっかりと慰安婦像を守ってほしい」「全世界に教えなければならない歴史だ」と喜ぶ声が上がっている。

一方で、「なぜドイツに?」「日本人が多く住む地域に設置するべき」「何でもほどほどにしないと。世界中に設置してどうするの?」「冷静に考えると、ドイツが設置してくれたのではなく、余った土地に韓人教会が設置したんだよね」などの指摘の声も。

さらに、「約100年前のことはもういいよ」「選挙が近づいてきたから政府が反日を始めた?」「被害妄想、政治工作は国益に何の助けにもならない」「日本を責めるのはやめて国が弱かったことを反省しよう」などの声も多く見られた。(翻訳・編集/堂本

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング