感染発生の中国が起源とは限らない=専門医

CRI online    2020年2月27日(木) 18時40分

拡大

呼吸器疾患の専門医で中国工程院院士の鍾南山氏は27日、広東市政府の会議で、「新型コロナウイルスによる肺炎は中国で先に発生したが、起源は必ずしも中国とは限らない」との見解を示しました。 さらに、日本と韓国での患者が増えている状況に対して、鐘氏は、「予防・抑制の経験を共有し、連携を...

呼吸器疾患の専門医で中国工程院院士の鍾南山氏は27日、広東市政府の会議で、「新型コロナウイルスによる肺炎は中国で先に発生したが、起源は必ずしも中国とは限らない」との見解を示しました。

 さらに、日本と韓国での患者が増えている状況に対して、鐘氏は、「予防・抑制の経験を共有し、連携を取ることが大事である。中国が最も困難な時に、日本と韓国が援助の手を差し伸べてくれた。我々はこれを忘れることなく支援していくべきだ」と語りました。

 また、回復して退院した人が核酸検査で再度陽性が検出された症例について、「複数の要因が考えられる。絶対的な定義はできないが、家での隔離を勧める」と提言しました。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携