Record China

ヘッドライン:

娯楽を奪われた武漢市民、中国当局が最新ドラマ提供もネット上では疑問の声

配信日時:2020年1月29日(水) 0時0分
拡大
中国共産党の中央宣伝部がこのほど、旧正月の娯楽を奪われている湖北省の市民に対し、有料配信のドラマ10作品を無料でテレビ放送すると発表。あまりにもおかしな措置だとネット上では疑問の声が上がっている。
(1/2枚)

中国共産党の中央宣伝部がこのほど、新型コロナウイルスの感染拡大により旧正月の娯楽を奪われている湖北省の市民に対し、有料配信のドラマ10作品を無料でテレビ放送すると発表。あまりにもおかしな措置だとネット上では疑問の声が上がっている。

その他の写真

中央宣伝部と国家広播電視総局がこのほど、新型コロナウイルスによる肺炎が拡大し、日常生活に大きな影響が出ている湖北省武漢市や周辺都市の市民に向けた措置を発表。湖北テレビ局や武漢テレビ局に対し、現在は有料配信されているドラマの中から“厳選”した優秀な作品10本を提供し、放送するというもの。「困難に直面する人々に寄り添い、娯楽を提供する」としている。

選ばれた10本の中には、3年前の作品ながら、現在のウイルス拡大や都市封鎖の様子が酷似しており、「まるで予言のよう」と話題になっている「急診科医生」も含まれ、医療ドラマや社会派ドラマが並んでいる。

この発表についてネット上では、あまりにおかしいとの声が噴出。「こんな時に病人の出てくるドラマを見る気になる?」「余計なことをするより、医療スタッフと物資をどんどん送るべき」「ドラマを見て肺炎を治そう?わが国は偉大だな」「まるで子どもだまし」「その思考回路が理解できない」などと、多くのネットユーザーの間で疑問の声が上がっている。(Mathilda

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング