Record China

ヘッドライン:

マスク10枚を1万3500円で販売、北京の薬局に高額の罰金も―中国メディア

配信日時:2020年1月27日(月) 6時30分
拡大
25日、北京日報は、マスク10枚を850元(約1万3500円)で販売した薬局に対し、高額の罰金が科せられると伝えた。写真はN95マスク。

2020年1月25日、北京日報は、マスク10枚を850元(約1万3500円)で販売した薬局に対し、高額の罰金が科せられると伝えた。

記事によると、北京市豊台区市場監督管理局に、薬局で販売されているN95マスクが市場価格よりずっと高いとの通報があった。そこで職員を派遣して調査したところ、北京済民康泰大薬局有限公司豊台区第五十五分店で販売されているN95マスク(10枚入り)が850元で販売されていたことが分かった。ネット上での販売価格は143元(約2300円)だった。店の責任者は製品の仕入伝票を提示できず、仕入れ価格を証明できなかった。

北京市豊台区市場監管局によると、こうした行為は中華人民共和国価格法第14条第3項や価格違法行為行政処罰規定第6条第1款第3項に違反する疑いがあり、「その他の方法で価格をつり上げ、商品価格の暴騰を推進する行為」に属する可能性があり、この規定によると罰金刑が科されるという。

北京市市場監督管理局は現在、マスクや消毒液の価格に対する管理監督を強化しており、むやみに価格を釣り上げるなどの行為を厳しく取り締まっている。違反行為に対しては、「価格違法行為行政処罰規定」に基づき、50万~300万元(約800万~4800万円)の罰金が科され、休業命令が出されたり、営業許可証が取り消されたり、悪質な案件については公表されるという。(翻訳・編集/山中)

新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリーが日本初公開 動画はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング