Record China

ヘッドライン:

初めての海外旅行で日本へ、電車での出来事に「すごく感動した」―中国人学生

配信日時:2020年1月25日(土) 13時10分
拡大
観光立国を掲げる日本の最も優れたセールスポイントは何か。江蘇師範大学の周夢[王其]さんは、高校の卒業旅行で初めて日本を訪れた時に体験した「日本の魅力」をつづっている。資料写真。
(1/2枚)

観光立国を掲げる日本の最も優れたセールスポイントは何か。江蘇師範大学の周夢[王其]さんは、高校の卒業旅行で初めて日本を訪れた時に体験した「日本の魅力」について、作文に次のようにつづっている。

その他の写真

もう2年経ったが、そのおじさんの笑顔はまだ記憶に新しい。あれは高校卒業旅行の時のことだった。大学受験で猛勉強した自分達へのご褒美として、日本に行くことを決めた。初めての海外旅行で、言葉が通じず、ちょっと心細かった。それに、東京の地下鉄が複雑すぎて頭が混乱してしまった。

ある日、あたふたと電車に乗って、乗り間違えてしまったことに気づいた。しまったなあと思いながら、隣に座っていた携帯を見ているおじさんに助けを求めた。

私は、勇気を出して「すみません」と小さな声でおじさんに言った。「はい、なんでしょう?」。おじさんが慌てて携帯をポケットに入れた。おじさんは、私の下手な英語の説明を聞いた後、私達の焦っている様子を感じ取ってくれたらしく、「大丈夫」と慰めてくれた。そして、自分の携帯を取り出して、乗換案内と路線図を調べてくれた。

顔をしかめながらつぶやいていて、英語の言葉を思い出すように一生懸命考えている様子だった。その後、「次の駅でこの電車に乗り換えたらいい」と言って携帯を私に見せた。おじさんの英語もそんなに上手ではないのに、一生懸命話してくれた。自分がうまく説明できないと心配したようで、身振り手振りを交えて話していた。

それに、何回もゆっくり説明してくれた。電車に冷房があって涼しかったのに、彼の額に汗が出てきた。「すみません」。彼は何度もハンカチを取り出して汗を拭いた。英語しか使えなかったので、会話は結構大変だった。しかし、おじさんは根気強く、ずっとニコニコしながら、丁寧に話してくれた。次の駅に到着してから、おじさんは念を押してもう一度「ここで乗り換えたらいい」と私達に声をかけてくれた。「お気をつけて!」と見送ってくれた。

おじさんが必死に教えようとしてくれた様子にすごく感動した。この他にも、1週間の間に、たくさんの日本人に助けてもらった。初めて日本へきた私にとって、日本人の優しさはとても魅力的に感じられた。私は南京出身で、日本という国は幼い頃からよく耳にしていたのに、微妙に距離感があり、謎めいた存在であった。しかし、この旅によって、たくさんの優しい日本人と出会って、その謎がすこし解けたような気がする。

もちろん、きれいな町や美しい景色など数えきれない魅力があり、本当に感心させられた。その一方で、国民こそが国の顔であり、彼らの優しさと笑顔は日本の最も優れたセールスポイントだと思う。美しい人こそ何より素晴らしい景色だ。

親切な人達の笑顔は今でもよく覚えている。いつでも思い出すと、心がぽかぽかと温かくなってくる。しかしその時は日本語がわからず、感謝の気持ちをちゃんと伝えたかった、もっと日本人と喋りたかった、と後悔した。日本語を勉強したいという決心をしたのはその頃のことだった。

大学に入った時、希望通り日本語科に入った。よく周りの人に「どうして日本語科を選んだの」とか「将来何をするつもりなの」などと聞かれた。私はただ日本のことが知りたくて、もっと日本人の優しさなどの魅力を周りの中国人に伝えたいのだ。中国人も日本人も友好を望んでいるのに、しかし、様々な原因で、民間の交流がまだ少なくて、相手のことをあまり知らない。結局今でも、日本人と中国人の間には誤解が数多く存在していて、日本人と中国人の関係を邪魔しているのである。これはとても残念なことではないだろうか。

だからこそ、私は中日友好の懸け橋になりたい。できるだけ、自分が見つけた日本の魅力を周りの中国人に知らせて、心の中の壁を壊したいと思う。

中国では「国の友好は国民の親愛にあり、国民の親愛は心の疎通にあり」という言葉がある。だから、中国人と日本人はお互いに分かり合うのが一番大切だと思う。日本の最も美しい景色として、日本人の優しさはその片鱗にすぎない。これからも、もっと日本の新しい魅力を探していきたいと思う。(編集/北田

※本文は、第十四回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集「中国の若者が見つけた日本の新しい魅力」(段躍中編、日本僑報社、2018年)より、周夢[王其]さん(江蘇師範大学)の作品「最も美しい景色 ―人―」を編集したものです。文中の表現は基本的に原文のまま記載しています。なお、作文は日本僑報社の許可を得て掲載しています。

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
中国人の日本語作文コンクール受賞作品集はコチラ
http://duan.jp/item/267.html

関連記事

「日本は思ったほど悪くなさそうね」=反日だった叔母のあまりの変わりように、ぽかーんとしてしまった―中国人学生

日中両国の相互理解の不足とはよく言われることだが、些細なことがきっかけでイメージがガラリと変わることもあるようだ。国際関係学院の王晨陽さんは、日本旅行のお土産を受け取った親戚の反応について作文につづっている。資料写真。

Record China
2017年6月18日 12時50分
続きを読む

「乞食じゃあるまいし…」と首をかしげたあの日、祖母が拾っていたのは中国人に捨てられた「モラル」だった―中国人学生

中国人観光客によるマナー違反に関する報道が増えているが、中国人自身はマナーの問題をどのようにとらえているのか。五邑大学の林さんは、中国の街で見た光景とおばあさんの教えについて、作文につづっている。資料写真。

日本僑報社
2016年7月7日 8時30分
続きを読む

ランキング