武漢の肺炎、韓国の水際対策はどうなっている?―中国メディア

Record China    2020年1月20日(月) 17時0分

拡大

中国メディアの新京報は20日付の記事で、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎に対する韓国の水際対策を紹介した。

中国メディアの新京報は20日付の記事で、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎に対する韓国の水際対策を紹介した。

中国では現在、発症者が198人に上っており、海外ではタイや日本に続いて韓国でも感染者が確認された。日本では入国者に対してサーモグラフィーなどを用いて検査を実施しているが、感染が確認された中国籍の男性は解熱剤を服用していたためすり抜けた。では、韓国ではどんな水際対策がされているのか。

20日に武漢から飛行機で仁川国際空港に到着したという中国人女性によると、同空港では武漢からの入国者に対して体温の計測と健康状態に関する調査票の記入が求められる。調査票には個人情報や便名、座席番号、韓国での滞在先の住所などの記入欄があったという。また、質問項目には「過去21日以内に次の症状があった場合はチェックを入れてください」というものがあり、下痢、嘔吐、発熱、悪寒、せき、呼吸困難などの選択肢があったという。女性の体温は36.6℃で無事入国できたそうだ。

同空港は、入国を認めた旅客にも注意事項が記された紙を配布。新型コロナウイルスによる肺炎の症状(37.5℃以上の発熱、せき、肺炎、呼吸困難)やリスク(14日以内に武漢市を訪問または滞在)、対策(マスクをする、せきをする時は押さえる、手をよく洗う)、入国後に症状が出た場合の連絡先(韓国疾病管理センター)などが記されているほか、SNSによる24時間対応の相談窓口も設置されている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携