Record China

ヘッドライン:

中国が今年中に再び月探査、1キロ以上のサンプルを持ち帰る計画―中国メディア

配信日時:2020年1月19日(日) 21時0分
拡大
17日、中国紙・新京報は、中国が今年中に再び月探査を行い、1キロ以上のサンプルを持ち帰る計画だと伝えた。写真は月。

2020年1月17日、中国紙・新京報は、中国が今年中に再び月探査を行い、1キロ以上のサンプルを持ち帰る計画だと伝えた。

記事は、中国航天科技集団五院の嫦娥5号探査機総設計師の彭兢(ポン・ジン)氏が、「嫦娥5号探査機は、17年には基本的に研究開発を終えており、今年中に発射する予定だ。具体的な日時については、搭載ロケットや発射場などの状況に応じて確定する。探査機は22日~23日で月に到着し、月面の嵐の大洋の北西部に着陸し、サンプル採取後、地球に帰還する予定だ」と説明したことを伝えた。

彭氏は、「サンプルの品質は、着陸場所や地質の状況など、多くの要素の影響を受ける。1キロ以上のサンプルを採取したいと考えており、もしかしたら2キロかそれ以上採取できるかもしれない」と語った。彭氏によると、設計上は4キロのサンプルを地球に持ち帰ることができるという。

記事は、中国の月探査プロジェクトについて「周回・着陸・帰還」という3ステップで行われ、嫦娥5号は月探査プロジェクトの第3期の任務を完成させると紹介した。また、今後の月探査の計画については、「嫦娥6号は月の南極でサンプルを採取して帰還し、嫦娥7号は月の南極資源についての詳細な調査を行い、嫦娥8号は科学探査・試験を続けるほか、カギとなる技術の月面試験を行い、月面科学研究基地建設のための初期調査を行う計画だ」と伝えた。(翻訳・編集/山中)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国が有人月探査に一歩…開発目指す長征9号用・新型500トンクラスのロケットエンジン試験に成功

中国航天科技集団で推進技術を研究開発する同集団第六研究院は、有人月探査に利用することを念頭に置いた長征9号(CZ-9)の第1段に使用する推力500トンクラスのロケットエンジンの試験に成功した。写真は内モンゴル自治区西部にある酒泉衛星発射センター。

Record China
2019年3月27日 21時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング