Record China

ヘッドライン:

企業のM&A取引額、日本は2年連続で中国上回る―米華字メディア

配信日時:2020年1月7日(火) 7時50分
拡大
6日、米華字メディアの多維新聞は、2019年に日本企業が国内外で関与した合併・買収(M&A)取引額は2000億ドル(約21兆6000億円)を超え、2年連続で中国企業を上回ったと報じた。資料写真。

2020年1月6日、米華字メディアの多維新聞は、「2019年に日本企業が国内外で関与した合併・買収(M&A)取引額は2000億ドル(約21兆6000億円)を超え、2年連続で中国企業を上回った」とし、次のように伝えている。

報道によると、国内市場の萎縮に伴い、最近の日本のM&A取引の最大の駆動力は、海外市場の拡大にある。19年の日本企業による2000億ドル以上のM&A取引額のうち、約1120億ドルは海外でのものだった。

米中貿易戦争の拡大と海外での中国企業に対する規制監督の強化は、海外M&A取引の需要に影響を与えており、19年は中国の海外M&A活動が直近10年で最も弱い1年となった。同年の中国の海外M&A取引額は410億ドルだった。

業界ウォッチャーによると、20年の日本企業の海外M&Aで活発になる分野は、保険、ヘルスケア、テクノロジーおよびコンシューマーと予想されている。また最大の地理的ターゲットは引き続き米国になるとみられる。(翻訳・編集/柳川)

【新型肺炎対策】
自宅に幼児がいる方向けの書籍をレコードチャイナが翻訳しました。
中国の専門家がQ&A形式で回答しています。
ぜひ周りの方に共有お願いします。記事はこちら

関連記事

海外生産比率が過去最高、日本は生産効率アップの挑戦に直面―中国メディア

日本の国際協力銀行がこのほど発表した「わが国製造業企業の海外事業展開に関する調査報告」によると、2018年度に日系企業の海外生産量が日本企業の生産総量に占める割合は36.8%に上り、1989年の調査開始以来の最高を更新した。写真は米国のトヨタディーラー。

人民網日本語版
2019年12月10日 18時0分
続きを読む

ランキング