Record China

ヘッドライン:

アン・リー監督「ジェミニマン」が2019ワースト映画2位、チャン・ツィイーの「ゴジラ」も

配信日時:2019年12月16日(月) 11時30分
拡大
米エンタメ情報誌「エンターテインメント・ウィークリー」が公開した2019年公開の映画ワースト5で、中華圏の映画人が関わる映画が2本ランクインした。
(1/4枚)

米エンタメ情報誌「エンターテインメント・ウィークリー」が公開した2019年公開の映画ワースト5で、中華圏の映画人が関わる映画が2本ランクインした。

その他の写真

タイム・ワーナー社傘下が発行し、エンタメを網羅する「エンターテインメント・ウィークリー」がこのほど、今年公開された映画からベスト10、ワースト5をそれぞれ発表したもの。ワースト5部門では、台湾出身のアン・リー(李安)監督と俳優ウィル・スミスがタッグを組んだ「ジェミニマン」が2位に、中国の女優チャン・ツィイー(章子怡)や渡辺謙が出演した「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」が3位に選ばれた。

「ジェミニマン」は、米映画レビューサイト「ロッテントマト」でも好評価がわずか25%に。画期的な映像技術を導入し、1億3800万ドル(約151億円)の制作費が投じられたが、損失額は6000万ドル(約66億円)とも報じられている。「ゴジラ」についても米国での興行収入は、1億1000万ドル(約120億円)にとどまった。

なお、今年のワースト1に選ばれたのは俳優マシュー・マコノヒー主演のスリラー映画 「セレニティー: 平穏の海」だった。4位はクライムサスペンス映画「ザ・キッチン」、5位は“ディズニーの実写映画”のくくりで、「アラジン」「ダンボ」「ライオンキング」が選ばれている。

ベスト10部門では、今年のカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した韓国映画「パラサイト 半地下の家族」が1位に選ばれた。2位はクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」、3位はスカーレット・ヨハンソンとアダム・ドライバー主演の「マリッジ・ストーリー」が選ばれている。(Mathilda

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国映画が姿を消した台湾版アカデミー賞「金馬奨」、阿部寛主演「夕霧花園」も9部門ノミネート

1日、“台湾のアカデミー賞”こと「金馬奨」(ゴールデン・ホース・フィルムフェスティバル)からノミネートリストが公開されたが、中国からの参加はゼロに。また、米俳優ウィル・スミスが華を添えていることも注目されている。

Record China
2019年10月2日 19時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング