Record China

ヘッドライン:

韓国にもラグビーブームが!?初の五輪出場にネット歓喜

配信日時:2019年11月26日(火) 21時40分
拡大
2019年11月24日、韓国・聯合ニュースは、ラグビーの男子7人制韓国代表が史上初めてとなる五輪出場を決めたと報じた。

記事によると、ソ・チョンオ監督率いる韓国代表は同日、仁川市内の南洞アジアード・ラグビー競技場で開かれた2020東京五輪・アジア地区予選の決勝で、香港代表に12-7で逆転勝利した。これにより韓国は「五輪の本戦行きチケット」を獲得。1923年に韓国にラグビーが導入されて以来、初の五輪出場を決めたという。

記事は日本についても、リオ五輪での4位タイという好成績を紹介しつつ「アジアラグビーの底力を五輪の舞台で示したことがある」と評価している。日本は開催国として東京五輪に出場できるため、今回のアジア地域予選には参加しなかった。

これを受け、韓国のネット上では「すごい!」「おめでとうございます」「韓国ラグビーファイト!。生で試合を見たけどホントかっこよかった」「五輪で韓国ラグビーの強さを見せよう」と喜びの声が上がっている。

また「世界中でラグビーは人気種目なのに、韓国ではほとんど知られていない。これを機に活性化しますように」「国でちょっとは投資や支援をしてほしい。日本がW杯を開催し、強国を負かして国中大騒ぎするのを見ててうらやましかった」「野球よりラグビーを支援すべき」と韓国ラグビーの発展を願う声も多い。(翻訳・編集/松村)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

<羅針盤>ラグビーW杯の日本の快挙は「国際・多様性」尊重の成果=企業経営にも有効―立石信雄オムロン元会長

この秋日本各地で開催されたラグビー・ワールドカップ(W杯)は大きな盛り上がりを見せた。日本代表チームが予選を全勝し、8強入りを果たした。日本がラグビー強国の一角を占めたのは選手、スタッフらの努力の賜物だ。

立石信雄
2019年11月10日 6時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング