Record China

ヘッドライン:

映画「パシフィック・リム」は中国のイメージをおとしめている!日米同盟を反映―中国紙

配信日時:2013年8月23日(金) 15時30分
拡大
23日、解放軍報によると、最近、米国のSF映画「パシフィック・リム」が上映されヒットしているが、この映画には米国のアジア太平洋戦略が反映されているという。
(1/2枚)

2013年8月23日、解放軍報によると、最近、米国のSF映画「パシフィック・リム」が上映されヒットしているが、この映画には米国のアジア太平洋戦略が反映されているという。

その他の写真

「パシフィック・リム」では、日本人の女の子が怪獣に飲み込まれそうになるところを米国の戦士が助け、助けられた女の子は米国の教育を受け、やがて自らも1人の戦士となる。怪獣を倒した後、負傷した米国人パートナーを抱き、情熱的に「離れないで」と言うのだ。まさに、現実の世界の日米同盟である。

怪獣を倒す大事な場面の舞台は、「偶然にも」香港に隣接する南シナ海である。米国の戦士は香港を守り、アジア太平洋地域を安定させて人類を救うという役回りだが、中国人は怪獣の肉や内臓などを食品に加工して販売したり、怪獣の体内の寄生虫を食べたりする様子が描かれ、中国のイメージを大きくおとしめている。

ハリウッドは、これまでずっと米国の価値観と世界戦略の宣伝に使われてきた。「アイス・エイジ」では当時世界各国で論争のあった世界の異常気象を描き、「007ダイ・アナザー・デイ」では北朝鮮が“悪の枢軸国”として描かれた。これらの映画は、中国から莫大(ばくだい)な資金を吸い取っていくだけでなく、若い世代に西洋の価値観を植え付けている。

この「パシフィック・リム」もハリウッドのこれまでの流れを引き継いだものと言え、米国の目下のアジア太平洋地域の戦略と図らずも一致する。「怪獣」が何を指しているかは言わずもがなである。(翻訳・編集/北田

関連記事

「パシフィック・リム」で中国製ロボットは端役、ギレルモ・デル・トロ監督「予算の都合」―中国メディア

10日、中国でも大ヒット上映中の米SF映画「パシフィック・リム」のギレルモ・デル・トロ監督が、出番が少ない中国製ロボットに不満を覚える中国の観客にメッセージを送っている。写真は北京プレミアに登場した「クリムゾン・タイフーン」のパネル(左奥)。

Record China
2013年8月12日 11時10分
続きを読む

興業低迷のハリウッド映画、中国市場で危機脱出=「SF」「スター」「人気シリーズ」でヒット確実―中国

6日、北米地区で興業成績のふるわなかったハリウッド映画が中国で大ヒットし、コスト割れの危機を脱出する事態が続いている。中国の大手は、「中国市場がハリウッド映画の危機脱出の受け皿になっている」と伝える。写真は米映画「アフター・アース」より。

Record China
2013年8月7日 16時51分
続きを読む

ランキング