安倍首相と韓国首相の会談、韓国メディアの評価は「がっかり」

Record China    2019年10月25日(金) 12時30分

拡大

24日、韓国メディア・JTBCは、同日行われた安倍晋三首相と韓国の李洛淵首相の会談の成果について「残念だった」と評価した。写真は韓国国務総理秘書室Facebookアカウントより。

2019年10月24日、韓国メディア・JTBCは、同日行われた安倍晋三首相と韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相の会談の成果について「残念だった」と評価した。

記事は会談内容について「対話を続けることでは一致したものの徴用工判決などをめぐっては立場の違いを確認しただけだった」と説明している。韓国大統領府関係者も「韓国の対話要請に対して日本の首脳から回答を得られたことは肯定的」としつつも「日本の立場に大きな変化はないようだ」と話したという。

李首相は会談前、記者団に対し「一定の結果が出ると思う」と話し注目を集めていた。そのため記事は「結果だけを見るとやや残念だ」と評価し、「日本の立場に変化の兆しが見られないため、期待されていた日韓首脳会談の開催も難しい」と指摘している。一方、李首相は「一定の結果」について「日韓両国が重要な隣国として厳しい状況を放置できないとの認識を共有したことだけでも一定の結果と言える」とし、「間欠的に続いていた外交当局間の非公式の対話が公式化された」と説明したという。

これに韓国のネットユーザーからは「韓国ががっかりする理由は?結果を出したいのは日本の方でしょ?」「日韓対立で優位に立っているのは韓国。このままでもいいのになぜ親書を持って訪ねて行かなければならないのか、理解できない」と指摘する声が上がっている。

その他「安倍首相は『約束を破る文大統領とは対話しない』との意思が強そうだ」「一定の結果というから期待してしまった。本当にがっかり」「また成果なし?日本からの謝罪は受けられないのに経済ばかり苦しくなる」などの不満の声も上がっている。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携