Record China

ヘッドライン:

「日本が大好きですが裏切り者と呼ばれます、どうすれば…」、先生の答えは…

配信日時:2019年10月6日(日) 16時0分
拡大
日本が大好きだという杭州師範大学の陳夢嬌さんは、友達から「裏切者」と呼ばれた時に心の支えになってくれた先生を紹介した。資料写真。
(1/2枚)

中国には過去の歴史から反日的な考えを持つ人が多い一方、日本の文化に魅力を感じる人もいる。そうした人たちは、少なからず周囲との意識の「ギャップ」に苦悩する。日本が大好きだという杭州師範大学の陳夢嬌さんは、友達から「裏切者」と呼ばれた時に心の支えになってくれた先生を、自身の作文の中で紹介している。

その他の写真

私は昔から弱気な人間でした。中学生の時、私は日本の文化が大好きで、いつか日本に行きたいと思っていましたが、でも日本語は全然分からりませんでした。そんな私に日本のことを教え、理解させてくださったのが国語教師の魯先生でした。

ある日、先生は授業中突然、戦争の話を始めました。先生は専門の国語教科以外のお話もとても上手な人でした。いつも先生の授業なら、学生たちは指名されるのを恐れて、緊張しています。しかし先生がこの話を始めると、教室はいつもにぎやかになりました。学生たちは戦争に興味を持っていて、その話は人気があったのです。

先生は、朝鮮戦争、解放戦争などの様々な戦争の話をしてくださいましたが、一番人気があったのは抗日戦争でした。その日も、抗日戦争が話題でした。その話を聞くと、一部の学生は何だか嬉しそうな顔をして、「戦争を怖がらず、積極的に参加しよう」と言いました。それは、日本のことが大好きな私とって、みんなの悪意を感じる瞬間でした。「裏切り者!」と悪口を言われることもあったくらいです。

その時、先生は真剣な顔をして「君たちなら、ライフルを見るとすぐ逃げ去ると思うよ。いいかい、戦争は災厄なんだよ。私たちは平和をちゃんと大切にしなきゃね。自分の命も同じだよ」と言いました。それから、先生はお祖母さんのことを話し始めました。先生のお祖母さんは抗日戦争を経験した人です。その時、彼女は銃弾に当たらないために濡れた布団で体を覆って、戦場を逃げたこともあったそうです。戦争は彼女の命こそ奪いませんでしたが、周りの大勢の人が死んでしまったそうです。「戦争はそんな残酷なものだ」と言って、その日の授業は終わりました。

授業の後、私は事務室に行って、「先生に聞きたいことがあるんです」と言いました。先生の顔を見て、「私はどうすればいいですか?日本が大好きです。でも友達に裏切り者と呼ばれています。日本を嫌うべきですか?」と聞きました。「いいえ、それはあなたのせいではなく、教師の落ち度だ。勇気を出しなさい!世界の人々、特に日本と中国は、仲良くつきあっていくべきだと思うよ。だからあなたみたいな人が必要なんだ。あなたは、世界の懸け橋になりなさい」と、先生は答えました。

教室に戻ると、がやがや騒いだ学生たちはまだ戦争の話を続けていました。私は静かに座って先生の話を考えました。裏切り者と呼ばれた自分に何ができるのか。先生の「世界の懸け橋になりなさい」という言葉が心に響いていました。

次の国語授業でも、先生はその戦争の話を続けました。「日本も中国と同じで、取り返しのつかない損失だけが残った。戦争に勝利者はいないんだよ。君たちは平和の時代に生まれた若い世代だから、戦争を経験したことはない。戦争をおぼえていなければならないのは、人類が互いに憎みあうためではなく、平和のためにお互いに頑張るためだ。君たちは、これから世界の懸け橋にならないといけないんだよ」。なぜ先生が授業中に突然戦争の話をしたのか、少し理解できます。今の世界は平和と激動が共存する時代です。

度々ネットでは中日関係のスレッドが見られますが、皮肉な言葉が多いです。そういう時は先生の「世界の懸け橋になりなさい」という言葉を思い出します。だから絶対スレッドに「私は日本語を勉強中の中国人。私の願いは世界平和だ」と書き残します。

中学時代は短い時間でしたが、先生と出会い、そして先生から聞いた日本のことを今までも忘れられないです。先生の話は、日本語を学びたいと思っていた私に過去と現在を理解する重要性を教えてくれました。今の私は、自分の過去の経験を踏まえた上で、中日交流の懸け橋になるために一生懸命日本語を学んでいる最中です。(編集/北田

※本文は、第十四回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集「中国の若者が見つけた日本の新しい魅力」(段躍中編、日本僑報社、2018年)より、陳夢嬌さん(杭州師範大学)の作品「心に残る、先生のあの言葉」を編集したものです。文中の表現は基本的に原文のまま記載しています。なお、作文は日本僑報社の許可を得て掲載しています。

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
中国人の日本語作文コンクール受賞作品集はコチラ
http://duan.jp/item/267.html
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

深くお辞儀をして出ていった日本兵、後から届いたガソリン=「戦争って何だったの?」―中国人学生

「一衣帯水の国」と言われる日本と中国は、似ているようで異なる部分も大きい。今日まで緊張が続く日中関係について、北京語言大学の王健蕾さんは違いを受け入れつつ、近いことの「縁」を大事にすべきだと訴えている。写真は中国人民抗日戦争記念館。

日本僑報社
2015年6月23日 17時3分
続きを読む

中国語はわからないだろうと日本を悪く言い続けた医者、本当はすべてわかっていた日本人―中国人学生

中国人の中には、過去の歴史から日本や日本人を快く思わない人が大勢いる。自身もそのうちの一人だったという嶺南師範学院の張戈裕さんは、そうした考えを変えてくれた日本人の先生との出会いについてつづっている。写真は医師。

日本僑報社
2016年3月25日 6時50分
続きを読む

日本兵と日本酒を酌み交わしたおじいさんの言い付け=「日本人を憎んではいけない、自分の目でしっかり物事を見なさい」―中国人学生

国税庁はこのほど、日本国内で国産の米や水を原料に製造された清酒だけを「日本酒」と呼べるようにすることを提案した。そうしたなか、長春理工大学の李爽さんは、日本酒をめぐる中国人と日本人の交流について、作文に次のようにつづっている。写真は日本酒。

日本僑報社
2015年11月3日 12時55分
続きを読む

あの橋が日本のODAで建設されたということを、ほとんどの人は知らない―中国人学生

対中国政府開発援助(ODA)をはじめとする日本の中国に対する貢献は、今日でもさまざまな議論がある。中国伝媒大学の張[女朱]嫺さんは、そうした日本の貢献について「双方にとって利益があり、今後も協力を続けて行くべきだ」と主張している。写真は武漢長江二橋。

日本僑報社
2015年10月29日 8時57分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング