Record China

ヘッドライン:

米国人が中国で震撼したこと―中国メディア

配信日時:2019年9月30日(月) 5時30分
拡大
26日、中国日報は、中国のネット上で「網紅」と呼ばれる人気者となった米国人が語る中国の印象について紹介する記事を掲載した。写真は上海。

2019年9月26日、中国日報は、中国のネット上で「網紅」と呼ばれる人気者となった米国人が語る中国の印象について紹介する記事を掲載した。

記事が紹介したのは米テキサス州出身の男性ジョシュア・オグデン・デービスさん。周樹華(ジョウ・シューホア)という中国語名を持っている。ジョシュアさんは2010年に上海にやって来た。

当初は中国語が全くできなかったが、今では中国語の本を出版するまでに上達。そして、英語のポッドキャストで人気を集め、多くのファンを持つ「網紅」として知られるようになった。

ジョシュアさんは、中国に初めてやって来た時の印象について「全く想像とは違った。出会う中国人はみんな友好的だった」と語る。

そして、インターネットが急速に発展した今の中国では、チャットアプリの使い方、スマホ決済のやり方、アプリでのタクシーの呼び方など、常に新しいことを学ばなければ生きていけないとの認識を示した。また、自身が中国で人気者になったのも「すべてモバイルネットワークが急速に発展したからだ」と話した。

日々進化する中国のモバイルネットワークに大きな感慨を覚えているジョシュアさんだが、「中国は急速に発展しているが、文化遺産の保護も非常に大切にしていることに震撼した」とも明かしている。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本旅行から帰って来た友人が「震撼した」こと=「日本に行ったことのある人はほとんどみんな震撼して帰ってくる」―中国ネット

3日、中国の掲示板サイトに、日本旅行から帰って来た友人が「震撼した」ことについて紹介するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2016年8月5日 19時0分
続きを読む

ランキング