韓国高速鉄道がエアコン故障のまま運行、運転士がダウンしあわや大惨事に

配信日時:2019年8月14日(水) 0時10分
韓国高速鉄道がエアコン故障のまま運行、運転士ダウンであわや大惨事
画像ID  1116878
13日、韓国・国民日報によると、連日厳しい暑さが続いている韓国でKTXのエアコンが故障するアクシデントが相次ぎ、事故を懸念する声が上がっている。写真はKTX。
2019年8月13日、韓国・国民日報によると、連日厳しい暑さが続いている韓国でKTX(韓国高速鉄道)のエアコンが故障するアクシデントが相次ぎ、事故を懸念する声が上がっている。

記事によると、3日午後7時20分に浦項駅を出発しソウル駅に向かっていたKTXの運転士が途中の停車駅の大田駅で救急隊員により病院に搬送された。当時、同KTXの運転室はエアコンの故障により室内の温度が40度近くまで上がり、運転士は出発から約1時間後に顔や手足に麻痺を起こしたという。運転士はすぐにその事実を大田総合管制運営室に知らせ、(KTXを運営する)韓国鉄道公社(KORAIL)は列車のチーム長を運転室に移動させ、運転士と共に列車を徐行させる措置を取った。大田駅からソウル駅までは別の運転士を投入して運行したという。

同KTXには乗客約300人が乗っており、一歩間違えれば大事故につながりかねない危険な状況だった。同KTXは2日前にも運転室のエアコンの異常が報告されていたが、「予備の列車がない」との理由で整備されないまま運行されていた。KTXは時速300キロメートルで走るため、窓を開けることも難しかったという。

今月9日には別のKTXの客車5両のエアコンが故障し、乗客が1時間40分にわたって「蒸し風呂状態」の客室で過ごすアクシデントが発生していた。

これに韓国のネットユーザーからは「信じられない。もし運転士が気絶していたら大変な被害が出ていた。最後まで耐えて運転した運転士は英雄だ」「KTXがわざと事故を起こそうとしたとしか思えない。故障を知りつつ運行するなんて」「大勢の人の命を預かる運転士がそんな待遇を受けているなんてあり得ない」「もしもの時に備えて運転士を2人乗せておくのが普通では?」「責任者を厳しく処罰するべき。このままでは安心してKTXに乗れない」など、KORAILの対応に批判的な声が上がっている。(翻訳・編集/堂本
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 10

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • DRO***** | (2019/08/14 23:17)

    若干以前、ウクライナに輸出した列車も、故障続きの大ブーイングだった。 コリア製、走る棺桶になりかねない。 イギリスで日立製が大好評だが、自動車産業を見れば、信頼性は想像できる。 台湾鉄道も、日本が応札しなくて、嫌々ながら輸入の後悔先に立たず。 乗ると、気が滅入りそうで、誰も乗りたくない、同情しかない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • wak***** | (2019/08/14 22:04)

    文在寅の脳みそもエアコン故障で暴走してる それをメンテナンスできる組織も人もいない 結局金正恩に飲み込まれるのか?
    このコメントは非表示に設定されています。
    14 0
  • 仙田 ***** | (2019/08/14 12:48)

    所詮韓国や中国の鉄道などこんな物である、新幹線に限らず日本の鉄道と比較する等というのは馬鹿げている
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事