日本と韓国に対し、まずこの話をしよう―中国紙社説

配信日時:2019年8月5日(月) 19時20分
日本と韓国に対し、まずこの話をしよう―中国紙社説
画像ID  1114681
4日、環球時報は「日本と韓国に対し、まずこの話をしよう」と題し、両国が対立を深めることが米国の思うつぼになると警告する社説を掲載した。以下はその概要。
2019年8月4日、環球時報は「日本と韓国に対し、まずこの話をしよう」と題し、両国が対立を深めることが米国の思うつぼになると警告する社説を掲載した。

社説は「米国は日本と韓国に対して中距離ミサイルの配備を認めるよう求めている。しかし、かつての冷戦時代に比べ、今の日本や韓国が中国、ロシアと対立することで被る総合的なリスクは非常に大きくなっている」と指摘する。

そして、「アジアは世界で最も急速に発展している地域だ。アジア諸国の関係は複雑だが、実際は互いに助け合い、推進しあうという利益関係を構築しており、現在中国はこの体系の中心にいる。米国が中国に打撃を与えようとするのは、事実上この繁栄を生み出す体系の破壊をもくろんでいるのであり、そのためにはアジアの国どうしで対抗させるなど、手段を選ばないのである」と主張した。

その上で、「アジア諸国は集団となって米国がこの地域で生み出そうとしている新たな危機にあらがい、米国がこの地に過激な軍備競争を持ち込むのを防がなければならないのだ」とした。

社説はその中心となるべき国に日本と韓国を挙げ、「自国の利益実現の方法がすでにアジアにおける発展の多様化を源泉としており、米国はもはや絶対的な成長源ではないことをはっきりと認識しなければならない。現在両国は中国、ロシアと全般的な親睦関係を構築し、経済協力も拡大しつつある。もし日本と韓国が米国に追従して冷戦体制へと逆戻りすれば、自国の利益にとって悪夢となるはずだ」と論じた。

そして最後に、「日本と韓国は、中国とロシアのミサイルのターゲットになってはならず、米国の脅しによるアジア政策の犠牲になってはならないことを、極めてはっきりと悟らなければならない」とした。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 丹陽***** | (2019/08/05 19:34)

    アジアの諸国は米国より中国に警戒してるんだけど気が付きませんか? それと日本と韓国を同列に扱って語らないでくれません? 非常に気分が悪いです >米国がこの地に過激な軍備競争を持ち込むのを防がなければならないのだ むしろ過激な軍拡をしてるのは中国だよね >日本と韓国は、中国とロシアのミサイルのターゲットになってはならず、 “なってはおらず”じゃないって事は現在進行形で日本をターゲットにしてるんだよね そもそもミサイルのターゲットになって無くても航空機での攻撃目標では有るんだよね でなきゃ、中露だけで年間1千回前後も日本近海に現れては空自にスクランブルさせないよね
    このコメントは非表示に設定されています。
    55 3
  • はやぶ***** | (2019/08/05 19:30)

    今さらあの国と話す事等何もないのですがね、下手に話し合いなんかしようものならズル賢い韓国人にいいように丸め込まれる危険もありますのでね、中国さんの一方的な都合を日本に押し付けるのはご勘弁願います
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Kio***** | (2019/08/05 19:30)

    ならば中国は民主化して、国家資本主義をやめてくれ。そうすれば新冷戦は終わる。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事