「妥協の道開いておかねば」「正面対抗する時」、日本の「ホワイト国」除外で韓国紙の論調に温度差

Record China    2019年8月5日(月) 17時0分

拡大

日本による「ホワイト国」からの韓国除外で、韓国内で「反日運動」が高まる中、主要紙の論調には温度差もうかがえる。保守系紙は「妥協の道を開いておかなければ」と主張。左派系紙は「正面対抗する時」と呼び掛けた。資料写真。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携