日韓がF-35B搭載可能な“軽空母”建造を競うも、中露の前では「意味なし」―中国メディア

配信日時:2019年7月31日(水) 9時50分
日韓が“軽空母”建造競争、だが中露の前では「意味なし」―中国メディア
画像ID  1113138
28日、観察者網は、日本と韓国が軽空母の建造争いを繰り広げようとしているが、中国やロシアにとっては「全く意味がない」とする記事を掲載した。
2019年7月28日、観察者網は、日本と韓国が軽空母の建造争いを繰り広げようとしているが、中国やロシアにとっては「全く意味がない」とする記事を掲載した。

記事は、「韓国が強襲揚陸艦をベースとした軽空母の建造を宣言したとことが注目を集めた」と紹介。「すでに多くの強襲揚陸艦を持つ韓国は、空母化することでフェーズドアレイレーダーなどの高級装備を取り付け、高い航空支援および指揮能力を得ようとしており、この動きは日本がヘリコプター搭載護衛艦の『いずも』を軽空母に改造しようとするものと同じだ」と説明した。

そして、「日韓が“空母そっくり”な戦艦の競争から“軽空母”への競争へとレベルアップした」とする一方で、「残念ながら東アジアに位置する日本と韓国を待ち受けているのは地獄のような試練であり、両国が軽空母を就役させる頃にはロシアはF-35Bに負けないSu-57戦闘機を数十機有し、中国も最新ステルス戦闘機のJ-20をすでに大量配備しているはずだ」と主張している。

記事はまた、「陸上基地の飛行機が到達できない海域に強力な航空部隊を送るという点で大きな価値を持つ空母は、日韓両国にとって必ずしも必要ではなく、空母建造はメンツが最大の目的である」と分析。「両国が本当に欲しいのは、空母に搭載するF-35Bである」との見方を示した。

そのうえで、「日韓の軽空母は将来において大きな役割を果たすことはない」としならがも、F-35の拡散については「やはり頭が痛い」と指摘。「J-20の生産はSu-57よりも速いものの、F-35に比べると規模や速度であまりにも劣っている」とし、「中国は今後航空工業の規模を大々的に拡充し、J-20だけでなく戦場や貿易市場でF-35と張り合える第5世代戦闘機を開発し発展させなければならない」と論じた。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 丹陽***** | (2019/07/31 14:36)

    >すでに多くの強襲揚陸艦を持つ韓国は、 あのポンコツを強襲揚陸艦と思ってるの? 強襲揚陸艦どころか輸送艦としてすら怪しいんだけど? >日韓両国にとって必ずしも必要ではなく、空母建造はメンツが最大の目的である 国際社会に嘘までついてメンツだけで空母を作ったのは中国でしょ
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ちゅる***** | (2019/07/31 10:52)

    中国が嫌がるってことは、日本と韓国に軽空母を持ってほしくないってことだ。 つまり、このまま進めるのが正解だな。 中国の空母なら潜水艦からいいマトになってくれるし。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事