世界の飢餓人口が年々増加、2018年は8億2000万人以上―国連

配信日時:2019年7月18日(木) 8時40分
世界の飢餓人口が年々増加、2018年は8億2000万人以上―国連
画像ID  1109592
国連が15日に米ニューヨークの国連本部で発表した報告書「世界の食料安全保障と栄養の現状」によると、ここ数年にわたり世界の飢餓人口は年々増加しており、2018年の時点で、世界で食料不足の困窮に直面している人の数は8億2160万人に達した。資料写真。
国連が15日に米ニューヨークの国連本部で発表した報告書「世界の食料安全保障と栄養の現状」によると、ここ数年にわたり世界の飢餓人口は年々増加しており、2018年の時点で、世界で食料不足の困窮に直面している人の数は8億2160万人に達した。新華社が伝えた。

この日発表された2019年の年次報告によると、全世界の飢餓人口が総人口に占める割合は過去数十年間で減少し続け、2015年以来11%を若干下回る水準をほぼ維持している。しかし、絶対人数から見ると、2018年における全世界の飢餓人口は8億2160万人に達し、この数字は2017年の8億1170万人、2016年の7億9650万人、2015年の7億8540万人というように年々増加している。

報告書はまた世界で日増しに深刻になっている肥満の問題にも注目している。毎年の肥満関連死亡数は世界で400万人に達しており、しかもすべての年齢層が肥満問題に直面している。なかでも学齢期の子どもや若者の肥満の割合が高くなっており、その主な原因として野菜や果物の摂取不足、ファーストフードや炭酸飲料の摂取と運動不足が挙げられている。(編集TG)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • こごと***** | (2019/07/18 11:55)

    人でなし!との非難は覚悟の上で書かせていただく。 最近TVで「月3000円の支援で何人もの子供を飢えから救える」というCMをよく見かける。画面に登場する「なんの罪もないのに飢えてやせ細った子供」の姿をみると、ただ胸が締め付けられる。 一方で、ふと考える。この子達の命を救うことで、地球の人口はどうなっていくのだろうか、と。 この地球という惑星、70億の人間が無理なく暮らしていけるキャパは、私は無いと思っている。 誤解しないで欲しい。あの子達を見捨てろと言っているのではない。 ただ、単純に子どもたちへの食糧支援だけを謳って寄付を募り、場当たり的な救済だけで自己満足していても、事態は悪化するだけだと思うのである。 真に「飢餓」から子供たちを救うつもりなら、救ったあとのビジョンも明確にしなければ問題解決にはならないと思うのだが、どうだろうか?
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事