Record China

ヘッドライン:

史上初!ミスコリアが日本主催の国際大会をボイコット=韓国ネットでは称賛の一方で…

配信日時:2019年8月6日(火) 13時10分
拡大
5日、韓国・マイデイリーによると、2019ミスコリアの受賞者7人が日本企業の主催する2019ミスインターナショナル大会への不参加を宣言した。写真はソウル。

2019年8月5日、韓国・マイデイリーによると、2019ミスコリアの受賞者7人が日本企業の主催する2019ミスインターナショナル大会への不参加を宣言した。

記事によると、ミスコリアの受賞者が個人的な事情で国際大会に参加しなかったことはあるが、受賞者全員でボイコットするのは1957年にミスコリア大会が始まって以来初のこと。ミスコリア運営本部は「日本の経済報復に対し全国民が不買運動などの克日で一つになっている時期に日本主催の国際大会への参加はあってはらないこと」とし、「満場一致で不参加を決定した」と説明。また「代わりにSNSなど多様なチャンネルで韓国女性の才能と美を世界に知らせる役割を担う」との考えを示した。

日本が主催するミスインターナショナル大会は、ミスユニバース、ミスワールド、ミスアースと共に世界4大国際美人大会とされている。世界各国の出場者らは美を競うだけでなく、観光地ツアーや文化体験など日本の文化コンテンツと日本ブランドをPRする活動も行う。

これに韓国のネットユーザーからは「かっこいい。愛国者だ」「いいね。象徴的意味がある」「顔だけでなく心も美しい」「美しさとはこういうこと」「大会に出場したところで自然に笑えるわけない」など称賛の声が続々と寄せられている。また「この流れで東京五輪もボイコットしよう」との声も多く見られる。

一方で「そこまでする必要がある?」「韓国国民からの批判が怖すぎて出たくても出られなかったのでは?」「出場するより出場しない方が注目を集められると考えたのでは?」などの声も上がっている。(翻訳・編集/堂本

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「妥協の道開いておかねば」「正面対抗する時」、日本の「ホワイト国」除外で韓国紙の論調に温度差

日本による「ホワイト国」からの韓国除外で、韓国内で「反日運動」が高まる中、主要紙の論調には温度差もうかがえる。保守系紙は「妥協の道を開いておかなければ」と主張。左派系紙は「正面対抗する時」と呼び掛けた。資料写真。

Record China
2019年8月5日 17時0分
続きを読む

ランキング