米国とイランの対立、世界戦争に発展の可能性=マハティール首相が指摘―米華字メディア

配信日時:2019年6月24日(月) 12時20分
米国とイランの対立は世界戦争に発展?=マハティール首相が指摘
画像ID  1102911
米華字メディア・多維新聞は23日、緊迫する米国とイランの関係を受け、マレーシアのマハティール首相が「米国はイランに対して『挑発』を行っているが、これにより世界戦争が起こる可能性がある」と発言したことを報じた。
米華字メディア・多維新聞は23日、緊迫する米国とイランの関係を受け、マレーシアのマハティール首相が「米国はイランに対して『挑発』を行っているが、これにより世界戦争が起こる可能性がある」と発言したことを報じた。

記事によると、タイ・バンコクで開催された第34回東南アジア諸国連合(ASEAN)サミット会期中の22日、同首相は米CNBCのインタビューに対し、「私の知っている限りでは、米国は目下あらゆる挑発行為を行っている」と述べた。

さらに、「米国とイランのどちらが誤った判断に対して責任を負うべきか」と問われると、同首相は「まず、彼ら(米国)はイラン核合意から離脱し、現在はペルシャ湾に軍艦を派遣しようとしている。これらは全て、イランを激怒させる行為だ」と答えた。その上で、「もしも本当に戦争が勃発することがあれば、それはイランと米国との間の戦争ではなく、世界戦争となるだろう」と述べたという。

記事は、「同首相は、米国とイランの緊迫した関係はエネルギー価格の高騰にもつながると強調し、マレーシアも米国による制裁の潜在的な被害者であるいう見方を示した」と指摘。このほか、同首相は、「実際のところ、制裁の矛先はマレーシアにも向けられている。なぜなら、われわれはイランが提供する質の高い貿易相手と引き続き協力していくことができないからだ。制裁を行い、その他の国々に大国が決めたやり方を迫るというのは全くもって民主的でない。これはいじめ行為である」と述べたという。(翻訳・編集/岩谷)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事