台湾「武力解放」の可能性、中国報道官は否定せず

配信日時:2019年6月13日(木) 9時40分
台湾「武力解放」の可能性、中国報道官は否定せず
画像ID  1099660
中国政府で台湾問題を所管する国務院台湾事務弁公室(国台弁)の安峰山報道官は12日に開催された同弁公室の記者会見で、台湾の「武力解放」を否定せず、「われわれ一切の必要な措置を取る選択を保留する」と述べた。
中国政府で台湾問題を所管する国務院台湾事務弁公室(国台弁)の安峰山報道官は12日に開催された同弁公室の記者会見で、台湾の「武力解放」を否定せず、「われわれは一切の必要な措置を取る選択を保留する」と述べた。中国共産党機関紙の人民日報系の海外情報サイト、海外網が2019年6月12日付で報じた。

中国国防部の魏鳳和部長が5月31日から6月2日まで開催されたIISSアジア安全保障会議(シャングリラ会合)で、台湾が独立を試みた場合、中国軍には「戦う選択しかない」などと述べたことで、台湾側が強く反発した。

台湾側の大陸との折衝窓口である大陸委員会は同発言に対して「国際社会は早くから、中国が唱える『平和発展』は世紀のでたらめとみなしている」、「中国共産党は国際社会と(台湾海峡)両岸で、反民主、反平和の操作をしており、さらに一歩進んで戦争に訴えようと企図している」などと表明した。

国台弁の安報道官は12日の記者会見で、魏国防部長に発言について「大陸側は武装統一の準備ができていることを意味するのか」との質問を受け、台湾問題について「祖国は必ず統一されねばならない」と論じた上で、「われわれは最大の努力を尽くし、最大の誠意をもって、平和統一することを願う」と説明した。

ただし、「台湾独立の分裂勢力が国家を分裂させることは絶対に容認しない。われわれは一切の必要な措置を取る選択を保留する」と述べ、軍事力投入による台湾の「武力解放」を否定しなかった。(翻訳・編集/如月隼人
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/06/13 20:26)

    >軍事力投入による台湾の「武力解放」を否定しなかった 武力解放ではなく〈武力制圧〉あるいは〈侵略〉であろう。中国はこれまで他国を侵略したことは一度もないと言うが、実際には侵略で国を拡大した歴史がある。 〈補足〉 中国の台湾侵略が成功すれば、多くの台湾人が沖縄や九州に難民となって逃れて来るはずだ。今のうちにそのときのシミュレーションをしておかないと、現実に起きたとき慌てふためくことになる。きっと中国は『逃亡者を引き渡さないと、中国への宣戦布告ととらえる』と言うはずだ。しかし世界中が注目しているのに、難民の権利を無視すれば、日本は大恥をかくことになるだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事