Record China

ヘッドライン:

F-35は米軍で最悪の武器の一つ―米メディア

配信日時:2019年6月3日(月) 9時50分
拡大
2日、米ニュースサイトのビジネスインサイダーはこのほど、米軍が研究開発している最悪の武器プロジェクトの一つとして、最新鋭ステルス戦闘機「F-35」を選出した。写真はF-35。

2019年6月2日、米華字メディアの多維新聞によると、米ニュースサイトのビジネスインサイダーはこのほど、米軍が研究開発している最悪の武器プロジェクトの一つとして、最新鋭ステルス戦闘機「F-35」を選出した。

同サイトは、F-35の選出理由について「価格の高さと信頼性の問題」を挙げ、「プレゼンテーションにおいて多数の技術上および生産上の課題が浮き彫りになっている」「ペンタゴンの最新の運用テストでは、信頼性と可用性の問題がまだ続いていることが分かった」「F-35プログラムの運用コストは1兆2000億ドル(約130兆円)に上る」などと指摘した。

同サイトは「米軍が研究開発している最悪の武器プロジェクト」としてF-35のほかに、ズムウォルト級ミサイル駆逐艦、沿海域戦闘艦、フォード級航空母艦、電磁レールガンを挙げている。(翻訳・編集/柳川)

新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリーが日本初公開 動画はこちら

関連記事

「かが」空母化、F-35導入、日本の軍事大国化懸念する韓国各紙=「専守防衛の原則自ら破る」と警戒

海上自衛隊最大の護衛艦「かが」の事実上の空母化や最新鋭ステルス戦闘機・F-35導入などをとらえ、韓国各紙は日本の軍事大国化を懸念する記事を相次いで掲載。「専守防衛の原則を自ら破る」などと警戒している。写真はF-35。

Record China
2019年6月1日 0時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング