映画「武蔵-むさし-」が上海国際映画祭の正式招待作品に―中国での「武士道」観にも変化か

配信日時:2019年5月26日(日) 14時0分
映画「武蔵-むさし-」が上海国際映画祭の正式招待作品に
画像ID  1094553
映画「武蔵-むさし-」が6月15日から24日に開催される第22回上海国際映画祭の正式招待作品になった。写真は宮本武蔵役の細田善彦と佐々木小次郎役の松平健。
25日に日本全国で公開された映画「武蔵-むさし-」が6月15日から24日に開催される第22回上海国際映画祭の正式招待作品になった。同作品の三上康雄監督が社長を務める三上康雄事務所が発表した。中国ではこれまで「武士」や「日本刀」が否定的な意味で語られることが多かった。中国を代表する映画祭の一つである上海国際映画祭が同作品を取り上げたことは、中国人の日本文化観の変化の反映とも考えられる。

その他の写真

「武蔵-むさし-」の日本版のコピーは「なぜ、戦う?」で、海外向けコピーは「ANSWER TO BE FOUND IN SWORDS(答えは剣の中にある)」とした。

中国では長年に渡り、「武士道」や「日本刀」が否定的な意味で語られることが多かった。かつての旧日本軍の行為や考え方に対する厳しい批判の影響であり、「武士道」は日本人の「残虐性や野蛮さ」を示す証拠と見なされた。

日本刀も「残虐な武士の道具」と見なされる場合が多かった。ただし最近では、日本刀の美術工芸品としての、さらに収蔵品としての価値を認める人も増えた。インターネットでは入手方法についての質問の書き込みもある。また、日本刀づくりの「匠の技」に対する注目も高まっている。

「武士道」についても、ネット百科には「日本の封建社会における武士階級の精神的支柱」だったとして、「名、忠、勇、義、礼、誠、克、仁」などと中国由来の徳目が重視されたとの紹介や、日本の軍国主義時代の武士道はいびつになったとの解説がある。いずれも、「本来の武士道」に対する好意的評価のあらわれと考えてよい。

映画「武蔵-むさし-」については、中国の映画情報サイトでも作品紹介が掲載されている。宮本武蔵については「(中国)国内で知る人は多くない」とした上で「歴史上に実在した人物をアレンジしたもの。宮本武蔵という日本の剣術家兼兵法家の物語を紹介」「非常に厳粛な作品。音楽は極めて少なく、登場人物のセリフと演技による作品」などと紹介されている。

同作品の主要出演者は宮本武蔵役の細田善彦、佐々木小次郎役の松平健など。(翻訳・編集/如月隼人
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/05/26 17:36)

    佐々木小次郎が長刀を構えているのに、武蔵は大小の刀を両手に持ち背中に船の櫂(かい)で作った木刀を差しているようだ。これは何かの作戦かもしれないが、背中の木刀に持ち替える前に斬られてしまうのではないか。 ところで武蔵と小次郎が対決した〈巌流島〉は、小次郎が佐々木巌流と呼ばれていたことから命名されたものだ。どうして決闘に負けたものの名前が島に付けられたのだろう。本当に武蔵と小次郎はこの島で対決したのだろうか。歴史に残っていることが真実でないことは、近代でも中世でも同じである。一説によると小次郎は老人だったとも言われるし、青年だったとも言われている。実はまったく架空の対決だったとしても驚きはしない。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事