Record China

ヘッドライン:

映画「武蔵-むさし-」が上海国際映画祭の正式招待作品に―中国での「武士道」観にも変化か

配信日時:2019年5月26日(日) 14時0分
拡大
映画「武蔵-むさし-」が6月15日から24日に開催される第22回上海国際映画祭の正式招待作品になった。写真は宮本武蔵役の細田善彦と佐々木小次郎役の松平健。
(1/3枚)

25日に日本全国で公開された映画「武蔵-むさし-」が6月15日から24日に開催される第22回上海国際映画祭の正式招待作品になった。同作品の三上康雄監督が社長を務める三上康雄事務所が発表した。中国ではこれまで「武士」や「日本刀」が否定的な意味で語られることが多かった。中国を代表する映画祭の一つである上海国際映画祭が同作品を取り上げたことは、中国人の日本文化観の変化の反映とも考えられる。

その他の写真

「武蔵-むさし-」の日本版のコピーは「なぜ、戦う?」で、海外向けコピーは「ANSWER TO BE FOUND IN SWORDS(答えは剣の中にある)」とした。

中国では長年に渡り、「武士道」や「日本刀」が否定的な意味で語られることが多かった。かつての旧日本軍の行為や考え方に対する厳しい批判の影響であり、「武士道」は日本人の「残虐性や野蛮さ」を示す証拠と見なされた。

日本刀も「残虐な武士の道具」と見なされる場合が多かった。ただし最近では、日本刀の美術工芸品としての、さらに収蔵品としての価値を認める人も増えた。インターネットでは入手方法についての質問の書き込みもある。また、日本刀づくりの「匠の技」に対する注目も高まっている。

「武士道」についても、ネット百科には「日本の封建社会における武士階級の精神的支柱」だったとして、「名、忠、勇、義、礼、誠、克、仁」などと中国由来の徳目が重視されたとの紹介や、日本の軍国主義時代の武士道はいびつになったとの解説がある。いずれも、「本来の武士道」に対する好意的評価のあらわれと考えてよい。

映画「武蔵-むさし-」については、中国の映画情報サイトでも作品紹介が掲載されている。宮本武蔵については「(中国)国内で知る人は多くない」とした上で「歴史上に実在した人物をアレンジしたもの。宮本武蔵という日本の剣術家兼兵法家の物語を紹介」「非常に厳粛な作品。音楽は極めて少なく、登場人物のセリフと演技による作品」などと紹介されている。

同作品の主要出演者は宮本武蔵役の細田善彦、佐々木小次郎役の松平健など。(翻訳・編集/如月隼人

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

村上春樹氏が告白「従軍した父は中国兵捕虜の斬首を見た」=中国ネット民は好意的な反応

村上春樹氏が文芸春秋誌上で発表した文章が中国で注目を集めた。軍に召集された自らの父が、中国兵捕虜の処刑を目撃したことがあると記述したため。ネット上では、歴史上の事実を認めたとして、村上氏を好意的に評価するコメントが「いいね」を多く集めた。

Record China
2019年5月12日 19時0分
続きを読む

日本の「ガチャポン文化」が中国進出、1140カ所でスマートタイプ1万1400台を年内設置へ

中国各地で、「ガチャポン(スマートカプセルトイ自販機)」が年内に1400カ所に設置される見通しだ。四川省成都市ではすでに大型商業施設10カ所で設置されたという。写真は2019年1月、上海市内で行われたカプセルトイ自販機を紹介するイベント。

Record China
2019年5月8日 14時10分
続きを読む

日本に行きたい!世界20カ国全体で旅先人気トップ=中国人は81%超、香港人は98%超―電通調べ

電通が世界20カ国/地域の人を対象に実施した「ジャパンブランド調査2019」によると、海外旅行の行き先として人気が最も高かったのは日本だった。中国人の場合、81.5%、香港人は98.3%が日本旅行の意向を示した。写真は東京・銀座を訪れた中国人客。

Record China
2019年4月17日 9時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング