【募集中】韓国語社内スタッフ

中国人が見た日本人とドイツ人の違い―中国メディア

配信日時:2019年5月16日(木) 21時50分
中国人が見た日本人とドイツ人の違い―中国メディア
画像ID  1091340
中国・新華網のウェブサイトに14日、「同じ『厳格』でも、ドイツ人と日本人はどう違う?」と題した、ある中国人筆者によるコラムが掲載された。
中国・新華網のウェブサイトに14日、「同じ『厳格』でも、ドイツ人と日本人はどう違う?」と題した、ある中国人筆者によるコラムが掲載された。以下はその概要。

日本に長く住んでいると、よく「あなたは日本のどこが好きなの?」と尋ねられる。そこで、少し悩みつつも「日本人の、物事をなおざりにしない、厳格なところ」と答えると、相手からは「厳格といえばドイツ人だろう」という反応が返ってくる。確かにドイツと日本はどちらも「厳格」という言葉で形容されるが、一体その違いはどこにあるのだろう。よくよく考えてみると、その「厳格さ」は根本的に種類が異なっているのが分かる。

「厳格である」というのはあくまでも一つの概念に過ぎず、もちろんドイツや日本にもいい加減な人はいる。ここではあくまで「厳格さ」の比率が最も高い2国の間の差異を考えてみたい。答えを言ってしまうと、ドイツ人の厳格さは、正確さや精密さ、手続き化といったものに向けられているのに対し、日本人のそれは細かさ、周到さ、極致化に向けられているのである。

まず、ドイツ人のもつ「厳格さ」とは理科系由来のものである。驚くべきことに、第2次世界大戦前はノーベル賞だけでも受賞数の半分を当時人口1億人にも満たないドイツが占めていた。戦後、ドイツで多くの国有企業や軍用工場が民営化されると、元軍用工場では民間工場よりも優れた生産技術が提供されたため、「高品質」という言葉がドイツの製造技術を形容するようになった。よく「ドイツ製の鍋は何世代にもわたって使える」と言われるが、これはどうやら本当のことらしい。ドイツでは、どんな調理器具も非常に高品質で、1度買ってしまえば極端な使い方をしない限り、ずっと使い続けられるのだという。
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/05/19 12:03)

    まあ、厳格さってのが当てはまる日本人は、職人や研究者とか、「本当の意味で」の「専門家」しかいないわ。 逆に、日本の「経済の専門家」って名前の詐欺師は、確かに専門家ではあるだろうが、「経済」の専門家ではなく「詐欺」の専門家として国民を騙すような連中が殆どだ。 政治屋に至っては、安倍政権になって特に「厳格さ」のげの字もない。出してくる文書はどれもこれもいい加減。やってる事も悉くが理にかなわず、本来なら政治生命を左右するようなスキャンダルのネタだけは豊富に提供してくれる。「転ばぬ先の杖」なんてものはどこにも見られない。あるのは嘘を覆い隠そうとする「大風呂敷」だけだ。 日本に本当に文化としての「厳格さ」なんてものがあるのなら、データ偽装なんてしないで済む筈だし、原発事故だって起こらなかった筈だ。 当然「食べて応援」なんて諸外国からクレイジーだと言われる事もやってないだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mus***** | (2019/05/17 08:35)

    >どうすればわれわれもこうした「厳格で、信頼でき、原則に反しない」という精神を身に付けられるか < 中国人は「厳格」など持たなくてこそ中国人である。   中国共産党の思いのまゝの飼い馴らされた家畜なみ人間になれば   日本人も幸せである。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事