Record China

ヘッドライン:

台湾から日本へ「ツーリング」=水上バイク47台で石垣島を訪問し交流

配信日時:2019年5月15日(水) 22時30分
拡大
台湾の水上オートバイ愛好家約100人が、47台に分乗して沖縄県の石垣島と与那国島を訪問した。一行は、日台の「国民外交」を展開したという。

台湾メディアの公共電視台などは2019年5月14日付で、台湾の水上オートバイ愛好家の男女約100人が、47台に分乗して沖縄県・石垣島を訪問した話題を紹介した。

一行は、9日に台湾東部の花蓮港を出発し、約275キロ離れた石垣島に6-10時間かけて到着したという。台湾・水上オートバイ協会の林信吉理事長は「天候を見て、波の高さが1.2メートルと判断して出発した。しかし実際には2、3メートルあった。しかし、日ごろから訓練をしていたので、十分に対応できた」と説明した。

帰還時には与那国島にも立ち寄ったため、往復の距離は600キロを超えた。途中で2台が故障したが、参加者が力を合わせて乗り切り、13日に全員が無事帰還したという。

一行は、石垣町の中山義隆町長を表敬訪問。与那国町の外間守吉町長にも歓迎され、日台の「国民外交」を展開し、花蓮観光の宣伝活動も行った。公共電視台によれば、参加者から今後も同様の活動を続けたいとの声が出ている。(翻訳・編集/如月隼人

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

台湾厳戒=中国から持ち込まれそうになった豚肉、アフリカ豚コレラ感染例・感染率が過去最高に

台湾政府関係者は、旅行者が持ち込もうとして没収された豚肉加工品について、4月にはアフリカ豚コレラに感染していたと判明した件数も感染率も過去最高だったと説明した。写真は、中国国内(大陸部)で感染した豚の肉を使っていたことが判明した水餃子のパッケージ。

Record China
2019年5月7日 17時40分
続きを読む

ランキング