Record China

ヘッドライン:

中国軍が「台湾海峡や尖閣諸島近くの海域」で実弾演習か=当局が航海禁止を発表

配信日時:2019年5月6日(月) 18時50分
拡大
浙江省・玉環市の共産党委員会が、「軍部隊の演習のため」として、同市沖合いの広い海域を5日午前6時から10日午後6時までの期間、航海と漁業作業を禁止していたことが分かった。写真は操業についての安全検査を受ける同市の漁船。

浙江省の沿海都市である玉環市の共産党委員会が、「軍部隊の演習のため」として、同市沖合いの広い海域を5日午前6時から10日午後6時までの期間、航海と漁業作業を禁止していたことが分かった。新浪網などの中国メディアが6日付で関連記事を発表した。

対象海域は南北が最大で約200キロメートルで中国の海岸線の湾曲に合わせたブーメラン型をしており、幅は数十キロメートルほど。同市共産党委員会が所管するニュースサイトの玉環市新聞網で発表した。文書日付は5月4日だが、実際に掲載した日時は不明。

現場海域は台湾海峡の北方にあり、新浪網掲載の記事は「台湾海峡近く」と表現した。同表現を借りるなら、現場海域は尖閣諸島にも比較的近いことになる。

発表した共産党委員会は、理由について「軍部隊の定例年間演習計画による」と説明した。広い海域で航海や漁業作業を禁止したことから、実弾を用いた演習と考えられる。(翻訳・編集/如月隼人

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

失脚した中国人ICPO総裁、過去には尖閣関連の部署の責任者も務める、政府サイトからはすでに氏名削除

本国政府の発表で、国際刑事警察機構(ICPO)総裁だった孟宏偉氏の失脚が明らかになった。孟氏の過去の経歴を見ると、尖閣諸島周辺海域に官船を盛んに派遣した海警局の局長なども務めている。公安部のサイトでは孟氏の名が削除された。

Record China
2018年10月8日 19時0分
続きを読む

ランキング