【募集中】韓国語社内スタッフ

中国軍が「台湾海峡や尖閣諸島近くの海域」で実弾演習か=当局が航海禁止を発表

配信日時:2019年5月6日(月) 18時50分
中国軍が台湾海峡や尖閣近で実弾演習か=当局が航海禁止を発表
画像ID  1089018
浙江省・玉環市の共産党委員会が、「軍部隊の演習のため」として、同市沖合いの広い海域を5日午前6時から10日午後6時までの期間、航海と漁業作業を禁止していたことが分かった。写真は操業についての安全検査を受ける同市の漁船。
浙江省の沿海都市である玉環市の共産党委員会が、「軍部隊の演習のため」として、同市沖合いの広い海域を5日午前6時から10日午後6時までの期間、航海と漁業作業を禁止していたことが分かった。新浪網などの中国メディアが6日付で関連記事を発表した。

対象海域は南北が最大で約200キロメートルで中国の海岸線の湾曲に合わせたブーメラン型をしており、幅は数十キロメートルほど。同市共産党委員会が所管するニュースサイトの玉環市新聞網で発表した。文書日付は5月4日だが、実際に掲載した日時は不明。

現場海域は台湾海峡の北方にあり、新浪網掲載の記事は「台湾海峡近く」と表現した。同表現を借りるなら、現場海域は尖閣諸島にも比較的近いことになる。

発表した共産党委員会は、理由について「軍部隊の定例年間演習計画による」と説明した。広い海域で航海や漁業作業を禁止したことから、実弾を用いた演習と考えられる。(翻訳・編集/如月隼人
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/05/07 12:07)

    >広い海域で航海や漁業作業を禁止したことから、実弾を用いた演習と考えられる アメリカの〈航行の自由作戦〉に対抗するものと思える。アメリカ艦船に実弾が命中しても『航行禁止を守らないからだ』と言うつもりだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事