天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に出席した香港行政長官が「超失礼」な行為? 中国メディアは反論

配信日時:2019年10月23日(水) 18時40分
超失礼?「即位の礼」に出席した香港行政長官の行動が物議
画像ID  1084641
22日に皇居で行われた天皇陛下の即位礼正殿の儀に出席した香港の林鄭月娥行政長官が、スマートフォンを操作している様子を写した写真が出回り、台湾や香港で「失礼だ」との批判の声が出た。一方、中国メディアはこれに反論している。
22日に皇居で行われた天皇陛下の即位礼正殿の儀に出席した香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が、スマートフォンを操作している様子を写した写真が出回り、台湾や香港で「失礼だ」との批判の声が出た。一方、中国メディアはこれに反論している。

同日、儀式開始前に参列者が続々と会場に集まる中、会場内をとらえた映像の中で、席に座った林鄭長官が一人手元のスマートフォンに目を落としている様子を写した写真がSNSで出回った。

香港人からは「国際的な礼儀の極限への挑戦。全世界で唯一、日本の天皇の即位の儀式でスマホをいじる指導者」「彼女は決して我々の代表ではない」「日本人はこういう時と場所をわきまえない人を一番嫌うんだ」など、批判の声が相次いだ。

また、香港民主団体「デモシスト(香港衆志)」の幹部の周庭(アグネス・チョウ)氏もこの写真に「香港行政長官発見」とのコメントを添えてシェアした。

さらに、台湾メディアの三立新聞網は「超失礼!日本の天皇の即位の礼に出席した林鄭月娥、なんとスマホをいじる」と写真付きで報じ、香港・蘋果日報はSNSで「あなたはメンツが要らなくても、香港人は(メンツが)要るんだ」とコメントした。

一方で、中国メディアの環球時報はこれらの報道を「“台湾独立”メディアと“香港を混乱させる”メディアによるフェイクニュース」と批判。「当時はまだ儀式は始まっていなかった」「後に来たほかのゲストたちもスマートフォンをいじったり、写真撮影をしたりしていた」などと反論した。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事