Record China

ヘッドライン:

東京五輪まで500日切るも「聖火台」場所やデザインは依然未定?=日本の報道に中国ネット「余計な心配」「先進国だから大丈夫」

配信日時:2019年3月21日(木) 12時0分
拡大
2019年3月20日、東京五輪の開幕まで500日を切る中、聖火リレーのゴールとなる「聖火台」の設置場所やデザインが依然として決まっていないとする日本メディアの報道が、中国でも注目を集めている。

中国メディアの環球網は18日、日本メディアの報道を引用し、聖火リレーの出発地は福島県沿岸部のスポーツ施設「Jビレッジ」に正式決定したが、ゴールとなる「聖火台」の設置場所は、開会式と閉会式はメイン会場の新国立競技場に、競技期間中は台場と有明の間に架かる「夢の大橋」周辺にそれぞれ設置する方針だが、そのデザインや敷地内のどこに置くのかは依然として決まっていないことを紹介した。

聖火台の設置を任された大会組織委員会は、設置場所やデザインについて「現在公表は予定していない。開会式で初めて聖火台を披露する意向」としているが、日本メディアは「開会式まで極秘とは、もったいぶった演出だが、現時点で設置場所やデザインも検討中だと正直、本番に間に合うのか不安になる」と指摘。聖火台の設置に必要とみられる建物の鉄骨同士をつなぐ「高力ボルト」が五輪関連の建築需要で不足し、通常1カ月半の納期が今は10カ月かかる中、「残り1年4カ月程度で設計から完成にこぎ着けるのか」などと伝えている。

これについて、中国のネットユーザーからは「余計な心配」「500日もあればいろいろできるし、組織委もさすがに考えてるでしょ」「北京やアテネ、リオの時もいろいろ言われたが、最終的には間に合った」「日本は先進国だからきっと大丈夫」などの声が上がっていた。(翻訳・編集/柳川)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

平昌五輪の聖火リレーに大韓航空の「ナッツ姫」が登場!韓国ネットから非難集中「犯罪者をなぜ?」「金さえあれば何でも無罪に」

15日、大韓航空機のいわゆる「ナッツリターン事件」で社会的に物議を醸した同社元副社長・趙顕娥氏が平昌五輪の聖火リレーイベントに参加していたことが分かり、韓国のネットユーザーから非難の声が高まっている。写真は平昌五輪の会場。

Record china
2018年1月15日 21時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング