中国人が日本人について「完全に誤解」している5つのこと―中国メディア

配信日時:2019年3月15日(金) 22時40分
中国人が日本人について「完全に誤解」している5つのこと―中国メディア
画像ID  1074605
中国の自メディア(新興メディア)の「日本窓」は9日、中国人が日本人に対して完全に誤解している五つのことを紹介する記事を掲載した。資料写真。
中国の自メディア(新興メディア)の「日本窓」は9日、中国人が日本人に対して完全に誤解している五つのことを紹介する記事を掲載した。

一つ目は「日本人は老若男女問わず漫画が好きで、若者は漫画が手放せないうえ、中年は成人漫画を電車の中で楽しそうに読む」というもの。これについて記事は「1990年代以前の話で今は大きく状況が変わった」とし、「漫画をこよなく愛していた世代は中年の域に入り、生活環境の変化で漫画を見なくなったほか、若い世代の漫画に対する愛好度も下がっており、スマートフォンで音楽を聴いたりゲームをしたりする傾向にある」と解説した。

二つ目は「すしや刺身を毎日のように食べる。サーモンがその代表的な食材である」というもの。これは、「実際は日本人の食事が和洋中と多様化しており、すしや刺身は週1回あれば多い方だ」としたほか、生食用サーモンは「この20年で海外から輸入されるようになったばかり」と説明している。

三つ目は「日本人の多くは畳の上で寝る」こと。記事は「畳の上に長時間座っていると足を圧迫すること、生活様式が変化したことで、今の日本では洋室が好まれるようになっている」と説明し、若い世代を中心に畳の上に布団を敷いて寝る人は少なくなる傾向にあることを伝えた。

四つ目は「日本人は仕事に熱中しすぎて、ハードワークで過労死が頻発する」というもの。記事は「仕事がハードなのではなく、日本人のストレス耐性の限界が原因」とし、「中国では少ない残業代でもっとハードな仕事をしている人がたくさんいる。日本人は作業効率が悪いため労働時間が長くなるだけ」との持論を展開している。

そして五つ目は「日本の女性は夫に付き従う」。これについては「実際、家庭内のさまざまな事柄を女性が掌握している。日本の女性は表面的には夫に従順だが、家事のボイコットなどにより間接的に反対の態度を示し、最終的に男性に譲歩させる」と解説している。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事