Record China

ヘッドライン:

中国外相「中国人の日本への印象は回復、日本側は未回復」=中国ネットの反応は?

配信日時:2019年2月4日(月) 11時10分
拡大
4日、中国の王毅外相がこのほど、北京を訪問中の日本の外務審議官と会談した際、日中関係について「中国人の日本への印象が良くなっている一方で、日本人の中国への印象が改善されていない」と指摘したことが、中国のネット上でも注目を集めている。写真は東京。

2019年2月4日、中国の王毅(ワン・イー)外相がこのほど、北京を訪問中の日本の外務審議官と会談した際、日中関係について「中国人の日本への印象が良くなっている一方で、日本人の中国への印象が改善されていない」と指摘したことが、中国のネット上でも注目を集めている。

日本経済新聞の中国語版サイトによると、王外相は2日、森健良外務審議官との会談で、「中国側の日本に対する印象が回復しているが、日本側の印象がなかなか改善してこない」とし、6月に想定する習近平(シー・ジンピン)国家主席の訪日へ準備を進める一環として日本側の国民感情の改善が重要だと指摘。「日本の修学旅行での訪中が増えていくと、感情改善に役立つのではないか」と提案したという。

これについて、中国版ツイッターのウェイボー(微博)では、「日本側の印象を改善するには、経済以外のニーズも不可欠。中国のエンタメは魅力に欠け、観光産業は混乱し、環境は劣悪、インターネット規制や人々の素養の問題もある」というコメントが多くの共感を集めていた。

また「好印象とは、相手にお願いして持ってもらうものではないはず」「変えたいならまずメディアから。抗日ドラマや中国を中傷する報道を好んで流している。これでは改善のしようがない」「中国がYouTubeなどへのアクセス規制をやめてネットを開放することがとても重要。日本人の多くは中国のことをよく知らない」などの声も上がっていた。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本で「前代未聞」の事態=春節に安倍首相がビデオメッセージ、東京タワーも「中国色」に、背景に米トランプ政権との“対立”―中国メディア

参考消息は、2月5日の春節を迎えるに当たり、安倍晋三首相が中国人向けにビデオメッセージを発表したり、東京タワーが「中国色」にライトアップされるなど、これまでにない動きが生じていると伝えた。記事は、背景に「米中対立」があることを示唆した。

Record China
2019年2月3日 7時30分
続きを読む

中国人の対日好感度が大幅改善、日本人は9割が中国の印象「悪い」と判断=双方とも過半数が「軍事的脅威感じる」―日中世論調査

言論NPOは中国国際出版集団と共同で実施した「第14回日中共同世論調査」の結果を発表。中国人の日本に対する好感度が大幅に改善したものの、日本側の意識はほとんど変わらず、日中両国民間で認識のズレが生じていることが分かった。写真は発表記者会見。

Record China
2018年10月11日 18時50分
続きを読む

ランキング