日韓の「距離540メートル」はどれほど危険?米露は「上空9メートル」まで接近―中国メディア

配信日時:2019年1月30日(水) 8時40分
日韓の「距離540メートル」は危険?米露は「上空9メートル」まで接近
画像ID  1063284
29日、環球網は、日本の哨戒機が韓国の軍艦に急接近したことの危険性や軍事衝突の可能性について、中国の軍事専門家の見解を伝えた。写真は海上自衛隊のP1哨戒機。
2019年1月29日、環球網は、日本の哨戒機が韓国の軍艦に急接近したことの危険性や軍事衝突の可能性について、中国の軍事専門家の見解を伝えた。

記事によると、匿名の中国の軍事専門家が28日、昨年12月20日に日本のP1哨戒機にレーダーを照射した韓国海軍の「クァンゲトデワン」駆逐艦について「主に3種類のレーダーを搭載していた。そのうちオランダ製のSTIR180レーダーが火器管制レーダーに当たる。火器管制レーダーは通常、対空照射を行わず、戦闘時のみターゲットをロックオンする。そのため、非戦闘時に火器管制レーダーを照射すれば、往々にして強い威嚇を示す敵対行為を意味する。だた、火器管制レーダーを照射したからといって随時ミサイルを発射できるわけではなく、準備作業が必要。そのため、火器管制レーダー照射はあくまで警告に過ぎない」との見解を示した。

記事は、レーダー照射問題発生以降に日本の哨戒機が3回にわたり韓国の軍艦に接近したと紹介。直近では23日に発生し、韓国軍が24日に発表した写真によれば、海上自衛隊のP3哨戒機が韓国海軍の駆逐艦「テジョヨン」から約60メートルの高さで、右舷から540メートル離れた場所を通過したことが明らかになったと伝えている。そして、この件に関して中国の専門家が「日本の哨戒機」には最新の光電追跡装置などが搭載されているため、数十メートルの高度で韓国の艦艇上を飛行することができるとの見解を示したことを伝えた。

さらに、「2016年4月にはロシア軍機がバルト海で米軍の駆逐艦上空わずか9メートルのところを通過する事態が発生したほか、近年では同様の行動が数多く発生しているが、両国間ではこれらを発端に軍事衝突は起きたことがない」と指摘。専門家は「今の日韓は血の気が多くなっているように見受けられ、本件が両国の軍事交流や政治関係に影響を与えるかもしれない。しかし、実力が拮抗(きっこう)している状況において、また理論上では盟友同士ということもあり、双方が軍事衝突に至ることはない」と解説したという。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事