レーダー照射問題、韓国国防省は反転攻勢に、防衛省「最終見解」で矛収め協議打ち切り

Record China    2019年1月26日(土) 14時30分

拡大

海上自衛隊の哨戒機が韓国の駆逐艦から火器管制レーダー照射を受けた問題で、防衛省は日韓の協議を打ち切るとした「最終見解」と探知音を公表し、矛を収めた。韓国国防省は事態を乗り切ったとみてか反転攻勢に出ている。写真は韓国の国旗。

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携