Record China

ヘッドライン:

日韓関係史に新たな1ページ?韓国で初めて日本の人物埴輪が出土、韓国ネットも注目

配信日時:2018年12月28日(金) 6時0分
拡大
26日、韓国の東亜日報は、朝鮮半島の遺跡で初めて、日本の古墳時代を代表する遺物、人物埴輪が出土したと報じた。写真は咸平郡。

2018年12月26日、韓国の東亜日報は、朝鮮半島の遺跡で初めて、日本の古墳時代(3世紀中頃~7世紀頃)を代表する遺物、人物埴輪(はにわ)が出土したと報じた。

記事によると、出土したのは全羅南道(チョルラナムド)咸平(ハムピョン)郡にある金山里(クムサンリ)方台形古墳(5世紀末~6世紀中頃。馬韓の支配層の墓と推定される)で、馬形埴輪1点も同時に見つかった。同古墳では2014年にも、鶏などをかたどった形象埴輪が出土している。

人物埴輪の形は鳥取県で出土したものに類似しているといい、発掘調査を行っている全羅南道文化観光財団の全羅南道文化財研究所は「古代日韓関係史の研究における新たな契機になる」と評している。今回の出土の背景については「6世紀まで百済の勢力圏に吸収されることなく、朝鮮半島南部で独自の影響力を行使した馬韓の勢力が、活発に国際交流を行っていたことを示す痕跡だ」と説明している。

また同研究所の所長は、古代朝鮮半島南部の「任那(みまな)」に日本の統治機関があったとする「任那日本府」説を日本の一部学界が主張していることにも触れた上で、「統治権力を示す遺物や古墳群などが見つかっておらず、考古学的証拠は皆無だ」とコメントしている。

この他、今回は扁瓶や動物の形の土器も同時に出土しており、主に日本の4~5世紀の古墳で出土している土器「須恵器」の系列と確認されたという。朝鮮半島の土器とは明らかに形状が異なるといい、韓国伝統文化大学のソ・ヒョンジュ教授は「日本人が朝鮮半島に渡ってきて焼いたのか、日本で焼いた土器が持ち込まれたのかについては、さらなる究明が必要だ」と話している。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「朝鮮半島から日本に渡ったものが、日本で先に発掘されたのかもしれないのに、記事の書き方がちょっと問題では?」「こっちから文化が渡ったんだ」「古代の日韓交流が、朝鮮半島から日本へという一方向だけだったはずがない。当然、日本の文化も朝鮮半島に入ってきていただろう。朝鮮半島から日本へ行った渡来人がいたように、日本から来て定着した人々もいると思う」「その時代の朝鮮半島南部が、日本と密接な関係があったというのは、事実みたいだな」などの意見が寄せられている。また、「任那日本府は本当にあったということか?」というコメントも多く見られた。(翻訳・編集/麻江)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国伝統のすごろくの道具か?奈良・平城宮跡で出土=韓国ネットは懸念「まさかこれも日本が元祖だと言い出す?」「今後のシナリオはもう見えてる」

29日、奈良市の平城宮跡から韓国のすごろくの道具とみられる木製品が出土したことについて韓国メディアが報じたところ、韓国のネットユーザーからある懸念の声が数多く寄せられている。写真は平城宮跡。

Record China
2016年6月30日 18時20分
続きを読む

いつ崩れてもおかしくない堀を放置!韓国のずさん過ぎる文化財管理=韓国ネット「遺跡保護には関心がない」「日本に文化財を返してくれと言えない…」

1日、韓国メディアによると、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が2014年に世界文化遺産に指定した韓国の「南漢山城」の毀損(きそん)状態が深刻であることが分かった。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は南漢山城。

Record China
2016年11月7日 1時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング