韓国サムスン、11月の中国スマホ市場シェアわずか1%、販売台数52%減―中国メディア

配信日時:2018年12月24日(月) 17時10分
韓国サムスン、11月の中国スマホ市場シェア1%、販売台数52%減
画像ID  1054402
24日、中国メディアの観察者網は、韓国サムスン電子の11月の中国スマートフォン市場での販売台数が前年比52%急減したことを伝えた。資料写真。
2018年12月24日、中国メディアの観察者網は、韓国サムスン電子の11月の中国スマートフォン市場での販売台数が前年比52%急減したことを伝えた。

韓国・アジア経済の報道を引用して伝えたもので、中国の市場調査会社「賽諾」が発表した11月の中国スマホ市場の販売動向によると、サムスンの販売台数は前年同月比52%減の35万台、シェアは1.0%で、ブランド別販売台数の順位は8位だった。

11月の販売台数首位は中国のVivo(626万台、シェア17.2%)。2~4位も中国ブランドで、ファーウェイ(600万台、16.5%)、OPPO(587万台、16.2%)、Honor(584万台、16.1%)の順。中国ブランド以外で最上位は5位の米アップル(483万台、13.3%)だった。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事