2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

ロケット打ち上げ数で中国が世界一に、米国を上回る―米メディア

配信日時:2018年12月24日(月) 8時10分
ロケット打ち上げ数で中国が世界一に、米国を上回る―米メディア
画像ID  1054196
22日、米科学技術誌、MITテクノロジーレビューはこのほど、ロケットの打ち上げ数で中国が米国を上回り世界一になったとする記事を掲載した。写真は酒泉衛星発射センター。
2018年12月22日、中国メディアの観察者網によると、米科学技術誌、MITテクノロジーレビューはこのほど、ロケットの打ち上げ数で中国が米国を上回り世界一になったとする記事を掲載した。以下はその概要。

同誌が12月中旬にまとめた統計によると、打ち上げ成功数は、中国が35だったのに対し、米国は30だった。ロシアもロケット打ち上げで長年1位を争う存在だったが、16年からは米中に水をあけられている。

中国がロケット打ち上げで躍進した背景には、14年に中国政府が民間企業にも商用ロケット開発を自由化したことがある。自由化で需要は大幅に拡大し、中国の宇宙開発企業は急激な成長を遂げている。

中国の民間宇宙企業の1つであるランドスペース(藍箭航天)は、設立当初は数十人で運営されていた。だが今では各地に研究所を設け、200人を超える社員を抱えるようになっている。商用ロケット開発を進めているが、最終的には有人宇宙飛行を目標にしている。

中国ではさらにiスペース(星際栄耀)やワンスペース(零壹空間)といった民間企業が衛星の軌道投入に向けてしのぎを削っているほか、リンクスペース(翎客航天)は垂直離着陸式のロケットを20年までに開発する計画も進めているという。(翻訳・編集/岡田)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/01/02 15:20)

    まあ、打上数が多いという事は、それだけ経験値も膨大だって事だからね。 近年は欧州でも民間のロケット会社なんかが出てきているし、商売敵としては中国が巨大な壁になるのは間違いない。 後発の企業ないし組織は資金面でも技術開発面でも色々と苦労することになるだろうが、そういう競合の中で苦労するよりも、いっそ軌道エレベーターとか、新基軸の宇宙開発技術に手を伸ばしてみてはどうだろうか。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Ser***** | (2018/12/24 12:22)

    この未開人種が、今に南沙諸島同様、宇宙まで「自国の領土だ」とほざき出し、勝手に軍事施設等々造り出すのではないかと心配である。 打ち上げた数の多さで喜んでいないで、世界一宇宙を汚してやがるのは中国である事がこれで明白になったのだから、日本を見習い、宇宙ゴミの回収にも力を注ぎやがれってんだ!!!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 真実の***** | (2018/12/24 11:09)

    他の先進国に比べて中国が求める安全率は低いから、打ち上げは簡単だ。有人飛行も同じだ。 軍事独裁国家らしく、軍事に偏った開発になっている。核兵器とゴミを打ち上げるのはやめてくれ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事