【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

中国高速鉄道の受注は8年先までいっぱい?「日本は寂しい状況」と中国メディア

配信日時:2018年12月14日(金) 7時20分
中国高速鉄道の受注は8年先まで?「日本は寂しい状況」と中国メディア
画像ID  1051103
13日、上海熱線は、中国高速鉄道が世界各地から注文を受けて「7~8年待ち」の状態にあり、日本が「寂しさ」を覚えているとする記事を掲載した。資料写真。
2018年12月13日、上海熱線は、中国高速鉄道が世界各地から注文を受けて「7~8年待ち」の状態にあり、日本が「寂しさ」を覚えているとするコラム記事を掲載した。

記事は「かつて、中国の工業は米国より20年遅れ、中国の鉄道は日本より30年遅れているという話を頻繁に聞いた。それについては弁解はしない。なぜなら、かつては本当にそうだったからだ。しかし、日本の高速鉄道の導入を拒んで以降、日本の目の前で頭上の『パクリ』の帽子をかなぐり捨てて、世界トップの高速鉄道大国なったのだ」と胸を張る。

その上で、「インフラ大魔王の称号を世界に打ち鳴らし、中国のインフラ建設が世界にどんどん輸出される中で、近ごろは悩みも出てきている」とし、「なぜなら、海外の注文が多すぎて、7~8年待ちの状態になっているからだ。多くのプロジェクトが着工の延期を余儀なくされている。今、インドネシアと60億米ドル(約6800億円)、アフリカと55億ドル(約6240億円)の契約を交わし、ロシアやトルコなどの国からの注文も続々と受けた。高速鉄道計画も山のように積まれ、1726キロメートルの中国―パキスタン鉄道、504キロの中国・キルギス・ウズベキスタン鉄道、2020年に開通予定の中国―ラオス鉄道などが着工を待っている」などと紹介している。

その一方で、「中国が悩みを抱えているのと同時に、日本は非常に寂しい思いをしている。新幹線の開拓者として高速鉄道のパイを長く独占し続けてきたが、今では完全に勢いが弱まった。かつては中国と激しい受注争いを繰り広げていたが、今はインドからの注文ぐらい。しかもこの注文は全額借款で、利益になるどころか逆に持ち出しになるようなプロジェクトだ」と主張している。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 8

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ken***** | (2019/02/18 20:47)

    鉄道とか道路は造るのは簡単で問題なくても完成してからのシステムとしての運営が問題ですよ。日本はインフラとか精密に運用しているのでその困難さを理解しているが時間などどうでも良いとか安全性・保守メンテナンスを無視すれば中国と互角に戦えると思う。日本の場合にはほとんどの問題点がこの点にある。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • kan***** | (2019/02/14 21:15)

    で、中国は具体的にどこの国の高速鉄道を建設したんだ? 証拠は?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/02/14 09:00)

    受注するのは値段をダンピングして、例えばアジア諸国なら中国政府が圧力を掛ければ簡単かも知れないが、肝心なのは受注した鉄道を計画通り建設して、更に列車を安全正確に走らせる事なのだが、列車が走らない鉄道というのは住めない家や乗れない自動車以上に無駄だと思う
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事