北京・上海高速鉄道、業績あまりにも好調=年間売上5000億円超・利益率50%超で「株式上場」の可能性

Record China    2018年12月12日(水) 8時50分

拡大

北京と上海を結ぶ高速鉄道路線の京滬高速鉄路(京滬高鉄、ヂンフー・ガオティエ)は2018年の売上高が300億元の大台を突破して325億元(約5300億円)に達し、利益率は50%を超えるとの見込みだ。「株式上場する」とのうわさも出ているという。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携