Record China

ヘッドライン:

韓国徴用工訴訟で日韓の矛盾エスカレート、両国が「異例」の大使呼び付け合い―中国メディア

配信日時:2018年11月30日(金) 12時0分
拡大
29日、中国新聞網は、韓国の大法院が先月末に続いて日本企業に戦時下の強制労働の賠償責任を認める判決を下したことで日韓の対立がエスカレートし、同日に駐在大使を呼び付け合う事態になったと報じた。資料写真。

2018年11月29日、中国新聞網は、韓国の大法院が先月末に続いて日本企業に戦時下の強制労働の賠償責任を認める判決を下したことで日韓の対立がエスカレートし、同日に駐在大使を呼び付け合う事態になったと報じた。

韓国の最高裁に当たる大法院は29日、戦時中に強制労働させられたという元徴用工らが三菱重工業に賠償を求めた裁判の上告審で、同社に賠償支払いを命じる二審判決を支持する裁定を下した。同法院は10月30日にも新日鉄住金に対して賠償を命じる判決を出している。

記事は、29日の判決が出たのち、河野太郎外相が直ちに「日韓請求権協定」に反する決定であり、断じて受け入れられないとの強い姿勢を示したことを紹介。菅義偉官房長官も記者会見で、韓国に対し、国際法に反するやり方を改めるなど直ちに適切な措置を講じるよう要求したと伝えた。

一方、韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官も同日の記者会見で「日本政府はわが国の司法系統が出した判決に対して過当に反応し続けており、非常に遺憾だ」とし、日本側の自制を促した。

記事は、韓国・聯合ニュースが「日本と韓国が同じ日に互いに大使を呼び付けて抗議するのは相当異例」とするとともに、10月の判決では日本政府の反応を静観していた韓国政府が、今回は外交的な動きをエスカレートさせたと報じたことを併せて紹介している。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国の元徴用工訴訟、最高裁判決を前に韓国外交部はてんやわんやの大混乱?

30日午後、日本植民地時代に強制労働させられたと主張する韓国の元徴用工らが日本企業を相手に起こした損害賠償訴訟に関する韓国最高裁の判決が言い渡される。韓国・世界日報は、「韓国外交部は判決を前に混乱状態に陥っている」と伝えた。写真は韓国外交部。

Record China
2018年10月30日 12時0分
続きを読む

日韓関係に「前門の虎、後門の狼」、元徴用工訴訟、年内にも韓国で最高裁判決、慰安婦財団解散とも重なり暗雲

日本企業に賠償を求め韓国の元徴用工らが起こした訴訟の判決が、年内にも韓国の最高裁で言い渡される。1965年の日韓請求権協定を覆しかねず、慰安婦支援財団の解散問題とも重なり、暗雲が漂う日韓関係の「前門の虎、後門の狼」だ。写真はソウルの日本大使館前。

Record China
2018年10月13日 12時20分
続きを読む

元徴用工判決が経済界に飛び火、日韓商工会議所会議が突然延期に=韓国ネットから懸念の声

18日、今月予定されていた「日韓商工会議所会長団会議」の開催が突然延期された。これについて、韓国メディアのファイナンシャルニュースは「強制徴用問題が日韓の経済界にも飛び火している」と懸念を伝えている。写真はソウル。

Record China
2018年11月19日 12時20分
続きを読む

ランキング