日韓関係に「前門の虎、後門の狼」、元徴用工訴訟、年内にも韓国で最高裁判決、慰安婦財団解散とも重なり暗雲

Record China    2018年10月13日(土) 12時20分

拡大

日本企業に賠償を求め韓国の元徴用工らが起こした訴訟の判決が、年内にも韓国の最高裁で言い渡される。1965年の日韓請求権協定を覆しかねず、慰安婦支援財団の解散問題とも重なり、暗雲が漂う日韓関係の「前門の虎、後門の狼」だ。写真はソウルの日本大使館前。

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携