Record China

ヘッドライン:

サムスンCEOが危機的状況を認める「折りたたみスマホで巻き返したい」―中国メディア

配信日時:2018年11月21日(水) 16時10分
拡大
2018年11月20日、中国メディア・新浪科技によると、サムスン電子スマートフォン事業の高東真(コ・ドンジン)社長は、同社の携帯端末事業が不振に陥り、危機的状況にあることを認めた。

同社スマートフォン事業の2018年第3四半期における営業利益は2兆2000億ウォン(約2200億円)で、同第2四半期から30%以上減少している。高社長は「ギャラクシー10と折りたたみディスプレーを搭載した新モデルの発売で巻き返したい」と話したという。

なお、20日午後5時(北京時間)の時点で、「サムスンCEOが危機的状況を認める」は中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で検索ワードランキング13位に入るほど注目を集め、コメントも多数書き込まれている。

「中国で失敗した根本的な原因は中国人に合わせなかったことにある」
「え、サムスンって中国で不振なの?」
「発火事案で信頼をなくした」
「サムスンの端末は値下がりしやすいのもよくない」

「サムスンの端末は3台使ってきたが、今はOPPOに変えた」
「期待の折りたたみディスプレーを搭載しても中国にすぐ模倣されるのが落ちだろう」
「折りたたみディスプレーはとっくに中国国産から出ているよ…」
「サムスンの端末は表示がきれいだし見た目もいいから、私は気に入っている」
「よく見て確かめた?それ小米(シャオミ)じゃない?」(翻訳・編集/岡田)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

韓国の2大半導体メーカーに“危機”、価格下落と中国の規制で=ネットに不安広がる

19日、韓国・朝鮮日報は、韓国の2大半導体メーカー、サムスン電子とSKハイニックスが、主力半導体製品であるDRAMとNAND型フラッシュメモリー価格の下落と、中国政府による独占・寡占規制により「危機的状況に追い込まれている」と報じた。資料写真。

Record China
2018年11月20日 12時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング