Record China

ヘッドライン:

日本の老後破産に中国衝撃、「同じ道をたどる」の声も

配信日時:2018年11月16日(金) 23時30分
拡大
16日、新浪財経の微博アカウントは、団塊世代の「老後破産」を取り上げた日本のドキュメンタリー番組を紹介した。資料写真。

2018年11月16日、新浪財経の微博アカウントは、団塊世代の「老後破産」を取り上げた日本のドキュメンタリー番組を紹介した。

同アカウントが紹介したNHKのドキュメンタリー番組では、経済的に豊かな世代と認識されがちな団塊世代について、実際はその多くが苦境に立たされていることを紹介。高齢ながらもアルバイトを続けて家を養う人や、親の介護によって経済的に苦しむ人の様子を伝えるとともに、「残り少ないお金を使い果たしたら、自殺を考えるかもしれない」という言葉を取り上げている。

このドキュメンタリーの内容について、中国のネットユーザーは「老いて拠り所のない社会はとても残酷だ」「歳をとってお金がなくなったら自殺する?じゃあ彼らが子孫を育む意味はどこにあるのか」「日本で、白髪のお年寄りがサービス業に従事しているのをたくさん見たよ」「これは、日本の体制が落ちぶれていることを示すものだ」「日本は先進国だが、幸福度は中国ほど高くないと思う」といった感想を残している。

また、「中国もじきに同じようなことになる。多くの業種が消えてなくなり、失業者があふれる。親と子どもの世話が負担になり、物価も上昇する」「自分の未来を見ているようだ」「これはすでに、中国の一部の農村でもう現実に起きている現象だ」など、自国でも同じ状況が深刻化することを案じるユーザーも少なからず見られた。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「韓国では6割の高齢者が自分で生活費をまかなう」と中国メディア、「老後は自分で何とかしろという宣伝か」と中国ネット

28日、新浪財経は、韓国も高齢社会に突入したものの、6割の高齢者が自分で生活費を賄っていると伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は韓国の高齢者。

Record China
2018年9月30日 6時0分
続きを読む

ランキング