<在日中国人のブログ>中国人に最も影響を与えた3人の作家、魯迅が「黒」なら毛沢東は「赤」、そして金庸は…

配信日時:2018年11月10日(土) 19時20分
中国人に最も影響を与えた作家=魯迅・毛沢東・金庸を色で表すと…
画像ID  1040375
10月30日、香港の著名作家・金庸先生(写真)が亡くなった。金庸ファンである筆者は自宅の本棚にある金庸先生の小説を眺め、昼夜問わず金庸小説に夢中になった昔の自分を思い出し、懐かしい気持ちと金庸先生への哀悼の意で胸がいっぱいになりました。
10月30日、香港の著名作家・金庸先生が亡くなった。金庸ファンである筆者は自宅の本棚にある金庸先生の小説を眺め、昼夜問わず金庸小説に夢中になった昔の自分を思い出し、懐かしい気持ちと金庸先生への哀悼の意で胸がいっぱいになりました。

現代の中国人に最も影響を与えていると言われる作家は、魯迅、毛沢東、金庸の3人です。彼らの作品の発行部数や閲覧数は天文学的な数字であり、影響は極めて広く、中国社会のあらゆる階層で知られています。現代の中国人の考え方や行動パターン、いわゆる“中国人の色”は、この3人の影響が基礎になっていると言っても過言ではありません。

魯迅は中華人民共和国の成立前に亡くなりましたが、彼の作品は中国の教科書の中で重要な位置を占めております。日本留学時代の「藤野先生」の話はもちろん国語の教科書に入っていますし、社会を批判する散文や短篇小説なども数多く教科書に採用されています。中国の子どもたちは古典ものを理解する前に魯迅を学び始め、小さいころから彼の作品に慣れ親しんでいます。

魯迅の「薬」では病気の中国人親子が“人間の血の付いた饅頭”を薬として使っており、「阿Q正伝」では“精神勝利法”の愚民を阿Qと名付け、さらに他の作品では「中医は意識的にあるいは無意識に偽りの嘘つき」と批判しました。魯迅は筆を武器に同時代の他の知識人らと戦い、「1人も許せない」との名言を残しています。

魯迅の中国の国民性への批判、中国数千年の文化や伝統への批判は痛烈で、当時の左派や革命運動家に愛され、中華人民共和国の成立後はさらに高く位置づけられました。魯迅の批判的な意識と鋭い言葉は、中国のいくつかの世代の思考に影響を与え、今の中国人の批判意識もほとんど魯迅形式です。

毛沢東の作品は、政治指導者の地位の影響で、長い間中国人の生活と思想を全面的にカバーしていました。文化大革命でその勢いは最高潮となり、「紅宝書」と呼ばれる「毛沢東語録」は1人1冊持っていて、人々は会話する際に競って毛沢東の言葉を引用しました。例えば「銃で政権を打ち立てよう」、「階級闘争は毎日、毎月、毎年語らないといけない」など。若者は「紅衛兵」を結成し、毛沢東への忠心を踊りや歌などで表現する活動も盛んに行われました。

毛沢東が亡くなった後文革大革命は終止符を打ちましたが、毛沢東が作った漢詩、書いた文章などは教科書に採用され、依然としてファンは多くいます。

毛沢東が亡くなって40年以上経った今でも余威が残っていて、近年中国で、かつての紅衛兵が「忠字舞」を楽しく踊る場面も見られ、つい先日、日本に移住した中国東北出身者がメーンの団体が、名古屋の公園で紅衛兵の衣装を身にまとい「忠字舞」を踊り、「毛主席の万寿無窮をお祈りします」という歌も歌いました。後で話を聞くと、彼らは誰も毛沢東の時代に戻りたくはないですが、幼少時代や青春時代で覚えた歌や踊り、毛沢東の言葉、文化大革命の決め台詞などは楽しくて気分が高揚すると語っていました。

毛沢東の闘争的な意識とはっきりとした言葉使いは、すでに中国人の血液に溶け込んでいます。中国の新聞、ニュース、マスメディアは批判の口調が多く、他国に対する闘争意識も強いです。また、中国の庶民もけんかっ早く、ネットでも罵倒やけんかが見られます。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事