Record China

ヘッドライン:

「日本の戦犯企業が敗訴」と中国メディア、元徴用工訴訟で日本企業に賠償命令=「日韓の緊張さらにエスカレート」とも

配信日時:2018年10月30日(火) 16時20分
拡大
30日、中国メディア・環球網は韓国・聯合ニュースの報道を引用し、韓国最高裁が同日、新日鉄住友に対し、韓国人元徴用工4人に1人当たり1億ウォンの損害賠償の支払いを命じる判決を下したことを速報で伝えた。写真は韓国最高裁。

2018年10月30日、中国メディア・環球網は韓国・聯合ニュースの報道を引用し、韓国最高裁が同日、新日鉄住友に対し、韓国人元徴用工4人に1人当たり1億ウォン(約1000万円)の損害賠償の支払いを命じる判決を下したことを速報で伝えた。

また、同じく中国メディアの海外網は、「日本の“戦犯企業”が韓国で敗訴!」と題する記事で、「4人の原告にとって、13年8カ月待った勝訴。原告のうちの1人は2014年に他界した」などと紹介。今後、韓国内で同様の訴訟が起こされる可能性も十分にあり、「この判決は、日韓の緊張関係をさらにエスカレートさせるとの見方がある」とも伝えている。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国の元徴用工訴訟、最高裁判決を前に韓国外交部はてんやわんやの大混乱?

30日午後、日本植民地時代に強制労働させられたと主張する韓国の元徴用工らが日本企業を相手に起こした損害賠償訴訟に関する韓国最高裁の判決が言い渡される。韓国・世界日報は、「韓国外交部は判決を前に混乱状態に陥っている」と伝えた。写真は韓国外交部。

Record China
2018年10月30日 12時0分
続きを読む

日韓関係に「前門の虎、後門の狼」、元徴用工訴訟、年内にも韓国で最高裁判決、慰安婦財団解散とも重なり暗雲

日本企業に賠償を求め韓国の元徴用工らが起こした訴訟の判決が、年内にも韓国の最高裁で言い渡される。1965年の日韓請求権協定を覆しかねず、慰安婦支援財団の解散問題とも重なり、暗雲が漂う日韓関係の「前門の虎、後門の狼」だ。写真はソウルの日本大使館前。

Record China
2018年10月13日 12時20分
続きを読む

韓国政府、釜山・日本総領事館前への「徴用工像」設置阻止、対日関係に配慮も火種そのまま

韓国政府は釜山の日本総領事館前への「徴用工像」設置を実力で阻止した。日本との一層の関係悪化を避ける配慮とみられるが、ソウルの日本大使館前などの「少女像」はそのまま。火種は依然として残っている。写真は釜山の日本総領事館前。

Record China
2018年5月5日 19時30分
続きを読む

ランキング